デジタルアーツ株式会社(Digital Arts®)

「DigitalArts@Cloud」14日間無料試用版お申し込み

「DigitalArts@Cloud」14日間無料試用版にお申し込みいただき、誠にありがとうございます。

お手数ですが、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

弊社からお客様にご利用案内メールを送信いたします。E-Mailアドレスは正確にご入力ください。

お申し込み内容

お申し込みの機能  

「i-FILTER@Cloud GIGAスクール版」はこちらよりお申し込みください。

FinalCode@Cloudに連携する
オンプレミス版m-FILTERのシリアル
任意
お申し込みの目的  

本番環境への移行  

  •   申し込みから5営業日を目途にご提供いたします。
  •   ご購入後、試用版の設定などを引き継いでご利用できます。

  •   申し込みから1営業日を目途にご提供いたします。
  •   試用版の設定などを引き継ぐことはできません。ご注意ください。
導入先の業種  

導入想定規模(ライセンス数)    ライセンス
  •  100~10,000の半角数字で入力してください。
導入(提案)予定時期  
  • 試用版は、50ライセンス程度でご利用の環境で構築しております。
    50以上のライセンス数の環境で試用版を利用されたい場合はこちらまでお問い合わせください。
  • 試用版環境はストレージ容量等最小限の提供となります。
    運用中の環境に導入する場合Web通信やメール送受信できなくなる可能性がありますのでご注意ください。
  • 「FinalCode@Cloud」試用版では、「Box連携機能/CADファイル暗号化機能/オフライン閲覧機能」オプションをご利用いただける状態でご提供しております。
  • 「FinalCode@Cloud API」をご利用の場合はこちらまでお問い合わせください。
  • 「i-FILTER@Cloud VPN Connection」をご利用の場合はこちらまでお問い合わせください。
  • 「i-FILTER@Cloud ログ保存」および「m-FILTER@Cloud アーカイブ保存」をご利用いただけます。

  • 【i-FILTER@Cloud GIGAスクール版に関して】
  • 文部科学省の推進するGIGAスクール構想対象の教育機関向けの特別ライセンスです。
  • 対象の教育機関は、文部科学省の定義に基づき、GIGAスクール構想の補助金申請対象の小学校・中学校・特別支援学校・高等学校です。
  • 対象機関の判断が明確でない場合はこちらまでお問い合わせください。
  • 10001ライセンス以上導入希望の場合はこちらまでお問い合わせください。

お客様情報

企業・団体名  
所属部署  
ご芳名  
郵便番号   -  例:100-0000
  •  郵便番号入力で住所(都道府県、市区町村)を自動設定します。
住所
(都道府県、市区町村)
   例:東京都 千代田区
電話番号  
ご連絡先
E-Mailアドレス
 
  •  フリーメールアドレスでのお申し込みはご遠慮ください。
管理者
E-Mailアドレス
 

「ご連絡先E-Mailアドレス」に入力したユーザーと「予定している実際の管理者」は同じですか?

 
  •  管理者E-Mailアドレスに使用できない文字列がありますのでご注意ください。(/[]:;|<>+?*“,<TAB>)
  •  フリーメールアドレスでのお申し込みはご遠慮ください。
  • ※ 異なるを選択した場合、試用版環境準備が完了した際の連絡はこちらに記入したメールアドレスに送付されます。
ご利用中のシリアルNo. 任意
  •  既に「DigitalArts@Cloud」をご利用いただいている方は入力してください。
エンドユーザー様名 任意
  •  既に「DigitalArts@Cloud」をご利用いただいている方は入力してください。

アンケート

無料試用版お申し込みの
きっかけ
( 媒体名 :  )
( 販売パートナー様名 :  )
( 担当者名 :  )
( 販売パートナー様名 :  )
(  )
  •  選択された項目の入力欄は必須になります。
貴社の立場
お客様の役割

■一般企業(エンドユーザー)様





■販売代理店(パートナー)様



個人情報の取り扱いに同意のうえ、お進みください。

DigitalArts@Cloud利用規約

DigitalArts@Cloud利用規約は、i-FILTER@Cloud利用規約、m-FILTER@Cloud利用規約、FinalCode@Cloud利用規約、Desk@Cloud利用規約、及び【附属】個人情報の取扱いに関する方針(プライバシーポリシー)から成ります。

i-FILTER@Cloud利用規約

本「i-FILTER@Cloud利用規約」(以下「本規約」といいます)は、お客様(第1条に定義します)とデジタルアーツ株式会社(以下「当社」といいます)、又はユーザー(第1条に定義します)と当社の間で、お客様又はユーザーによる本サービス(第1条に定義します)の利用に当たり適用される利用条件であり、お客様又はユーザーが本規約の各条項及び本規約を契約の内容とすることに同意した場合にのみ、お客様と当社、又はユーザーと当社との間に、それぞれ本規約を内容とするi-FILTER@Cloud利用契約(以下「本契約」といいます)が成立し、お客様又はユーザーは本サービスを利用することができます。お客様又はユーザーが本規約に同意しない場合は、本サービスの利用を中止し、附属プログラム(第1条に定義します)及びそれらの複製物の全てを削除しその他の処分を行うものとします。

第1条(定義)
本規約で使用する用語の定義は、以下のとおりとします。
(1) 「お客様」とは、本サービスの利用権を購入する個人又は団体をいいます。
(2) 「本サービス」とは、当社がお客様に提供するi-FILTER@Cloudをいいます。
(3) 「本システム」とは、本サービスをお客様が利用するに当たって必要となる当社又は当社指定の第三者が構築及び管理するサーバー等のシステムをいいます。
(4) 「ユーザー」とは、お客様の役職員等、本サービスを現実に利用する者をいいます。
(5) 「販売代理店」とは、本サービスを取り扱う当社の正規販売代理店をいいます。
(6) 「トライアル」とは、本サービスの有償契約の前段階における試用サービスをいいます。
(7) 「サービス利用許諾証書」とは、本サービスを利用するために必要となる情報が記載された当社発行に係る書面(電子データを含みます)をいいます。
(8) 「対象ドキュメント」とは、サービス利用許諾証書、本サービスのマニュアルその他本サービスに関連して当社又は販売代理店からお客様に提供される当社発行に係る書面(電子データを含みます)をいいます。
(9) 「附属プログラム」とは、本サービスの利用に付随するソフトウェア製品(DigitalArts@Cloud Agentを含みますがこれに限られません)及び対象ドキュメントをいいます。
(10) 「サポート」とは、本サービスの問合せ対応、当社が必要と判断して行う本サービスのバージョンアップ、当社が必要と判断して行う附属プログラムの修正プログラムの適用を含むバージョンアップ版の提供及び最新の対象ドキュメントの提供その他当社が別途定めるお客様に対して提供するサービスをいいます。
(11) 「暴力団員等」とは、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。
(12) 「輸出関連法規」とは、各国の輸出に関する法令及び規制(みなし輸出及びみなし再輸出に関する規制を含みます)をいいます。
(13) 「取扱情報」とは、お客様による本サービスの利用に伴って、本サービス中に蓄積・保存される個人情報を含む可能性がある情報であって、そのうち下の表に掲げるものをいいます。
(14) 「本契約」とは、本規約を内容とする当社とお客様との間の本サービスの利用に係る契約をいいます。
(15) 「個人情報保護法」とは、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)を意味します。
(16) 「個人情報」とは、個人情報保護法第2条第1項に定める個人情報を意味します。

取扱情報

各ユーザーのIPアドレス
各ユーザーがアクセスしたURL
各ユーザーが送信したPOST内容等

第2条(権利許諾)
1. 当社は、お客様に対して、日本国内において、本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に従い、当該条項及び条件のお客様による遵守を条件に、お客様が利用を申し込んだ本サービスを利用するための非独占的、譲渡不能かつ再利用許諾不能の権利を許諾します。
2. 当社は、ユーザーに対して、日本国内において、本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に従い、当該条項及び条件の遵守を条件に、ユーザーに当社が認めた本サービスの機能を利用する非独占的、譲渡不能かつ再利用許諾不能の権利を許諾します。
3. お客様又はユーザーは、本サービス又は附属プログラムの利用に必要となる動作環境(情報機器、各種ソフトウェア、各種ライセンス、通信手段等)を、自らの責任と費用で準備するものとします。本サービス又は附属プログラムの利用に必要となる動作環境は、当社が別途指定するものに限ります。
4. 当社は、本サービスを別途当社が定めるSLOに定める品質・基準をもって提供するよう努めます。ただし当該基準は当社の努力目標を定めたものであって、当社はこれを達成することを保証するものではありません。
5. 当社は、本サービスの提供に関する業務の全部又は一部を当社の裁量にて第三者に委託することができます。ただし、その場合、当社は責任をもって当該委託先を管理します。

第3条(本規約の適用)
1. 当社は、本規約の内容に従って本サービスを提供し、お客様及びユーザーは本規約の内容にてこれを利用します。
2. サービス利用許諾証書及び本規約の【附属】は本規約の一部を構成します。これらの文書が本規約の内容と矛盾抵触するときは、これらの文書において特段の留保がない限り、サービス利用許諾証書及び本規約の【附属】の内容を優先的に適用します。

第4条(利用許諾期間)
1. お客様及びユーザーは、本サービスをサービス利用許諾証書に記載された利用許諾期間に限って利用することができるものとします。なお、お客様は、利用許諾期間満了日までに当社所定の更新手続を行うことで、利用許諾期間を延長することができます。また、月単位での利用について、当社所定の期日までに解約手続を行わなかった場合、本契約は1か月ごとに自動的に更新されます。

第5条(料金)
1. お客様は、前条第1項の利用許諾期間中、当社又は販売代理店を通して、第2条の権利許諾及び第14条のサポートの対価として、所定の金額を所定の期限までに支払うことが必要となります。
2. 利用しているライセンスの数が、お客様に正当に許諾されている数を超過し得る場合は、お客様は追加ライセンスの購入等、客観的に妥当な手段をとるものとします。
3. 当社は、本条に基づいて支払われた対価を、第19条に定める場合を除いてお客様に返還する義務を負いません。
4. お客様が、第1項に定める料金を、当社所定の支払期日が過ぎても支払わない場合、お客様は当社に対し、所定の支払期日の翌日から支払日の前日までの日数に、年14.6%の利率で計算した金額を遅延損害金として支払うものとします。

第6条(サービス及び規約の変更)
1. 当社は、お客様及びユーザーへの予告なく必要に応じて本サービスの内容を変更(機能の追加、性能の向上に限られません。以下同じ)することがあります。当社は、お客様及びユーザーに対し、要望に応じて本サービスの内容を変更する義務を負いません。
2. 当社は、お客様及びユーザーの一般の利益に適合する場合のほか、社会情勢、経済事情、税制の変動等の諸般の状況の変化、法令の変更、本サービスに関する実情の変化その他相当の事由があると認められる場合には、本サービスを提供する目的の範囲内で、前条に定める料金の額、本サービスの内容その他本規約の内容(以上を合わせて以下「本規約の内容等」といいます)を変更できるものとします。
3. 当社は、前項の定めに基づいて本規約の内容等の変更を行う場合は、変更後の利用規約の内容を、当社ウェブサイト上に表示する方法又は当社の定める方法により通知する方法でお客様及びユーザーに周知するものとし、この周知の際に定める相当な期間を経過した日から、変更後の利用規約は適用されるものとします。

第7条(権利及び制限)
1. お客様及びユーザーは、以下の行為をしてはならないとともに、お客様はユーザーに対しても以下の行為をさせないようにするものとします。
(1) 法令又は公序良俗に違反すること。
(2) 本規約で明示的に許諾されている場合を除き、本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムの全部又は一部を複製すること。
(3) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムのトレース、デバッグ、リバース・エンジニアリング、逆アセンブル若しくは逆コンパイルを行うこと。
(4) 当社が別途承諾した場合を除き、有償・無償を問わず、本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムを第三者にリース、レンタル、譲渡、引用、再許諾、再販売その他の方法で利用させること。
(5) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムの表示又は当社若しくは原権利者の知的財産権に関する注意事項の表示を削除又は変更すること。
(6) 当社を含む第三者の信用若しくは名誉を侵害し又は第三者のプライバシー権、肖像権、知的財産権その他一切の権利を侵害すること。
(7) 本システムその他の本サービスに通常利用の範囲を超えて負担をかけること又は他のお客様による本サービスの利用に支障を生じさせること(コンピュータウイルス、マルウェアその他有害なコンピュータプログラム又はデータを送信又は掲載することを含みます)。
(8) 当社が別途承諾した場合を除き、本サービス、附属プログラム、又は本システムの全部若しくは一部を、有償・無償を問わず、業として又は付加価値サービスその他の第三者向けサービスの一環として、第三者に利用させること。
(9) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムを意図された利用方法外で利用すること。
(10) 附属プログラムの複数のバージョンを同一の端末において同時に利用すること。
(11) 第三者であるユーザー本人の同意を得ずに、当該ユーザーに関する個人情報及び取得情報を取得・閲覧等すること。
(12) 本規約に反する行為又は対象ドキュメントで禁じられている若しくは許容されていない態様で利用すること。
(13) お客様及びユーザーが当社の競合他社又はその委託を受けた者である場合に、本サービスを利用すること。
(14) 本サービス、当社の提供するその他のサービス又は製品の提供、運用を妨害する行為を行うこと。
(15) 本システムの一部を構成する各種サーバーに保存される情報等本サービスに関連する情報(取扱情報を含みます)を消去・改ざんし、又はこれを試みること。
(16) 当社のウェブサイト、サービス、関連するネットワークへの不正アクセス行為を行うこと。
(17) 第三者になりすまして本サービスを利用すること。
(18) 前号までの行為を、第三者をしてなさしめること、又はそのおそれのある行為を行うこと。
(19) その他、当社が不適切と判断する行為を行うこと。
2. 前項各号のいずれかに該当する違反があると当社が判断した場合、当社は、本サービスの利用停止、契約締結拒否、その他当社が必要と認める措置を行うことができるものとします。

第8条(本サービスの利用に伴う情報の取得・管理)
1. 本サービスの性質上、当社は、お客様の委託のもとで、取扱情報を本システムに保存します。
2. 当社は、本システムの一部を構成する各種サーバーの故障、本サービス停止時の復旧の便宜、データ障害防止等のために、バックアップの取得等取扱情報の複製をすることができるものとします。
3. 当社は、取扱情報には個人情報、秘密情報、営業秘密等の重要な情報が含まれる可能性があることを理解し、取扱情報を【附属】個人情報の取扱いに関する方針(プライバシーポリシー)に沿って必要な限度でのみ、閲覧、使用するとともに、第三者に対する漏洩、第三者からの不正アクセス等が生じないよう、適切な安全管理措置を講じます。
4. お客様は、取扱情報へのアクセス権者(以下「ネットワーク管理者」といいます)を定め、取扱情報を閲覧、利用することが、ユーザーの通信の秘密やプライバシー権侵害等を惹き起こす危険があることを認識し、適切に管理、運用するものとします。ネットワーク管理者は、正当な理由がある場合を除き、取扱情報を閲覧、利用してはならないものとします。
5. お客様は、ネットワーク管理者が、取扱情報を閲覧し又は利用することが可能であることについて、ユーザーに対し事前に十分な周知を行った上で理解を得るものとします。
6. お客様は、ユーザーの承諾を得た上で、当該ユーザーに関する取扱情報を閲覧、利用することができるものとしますが、当該ユーザーによる承諾の有無によらず、取扱情報に関するお客様と当該ユーザーとの間に発生する紛争を自らの責任及び負担において処理解決するものとします。
7. お客様及びユーザーは、本サービスの利用に当たって当社が必要とするお客様又はユーザーの各種情報(連絡先、電子メールアドレス、各種通信ログ、システムログ、設定ファイル等)を当社が必要最小限度の範囲において収集、閲覧する可能性があることにあらかじめ同意するものとします。
8. 当社は、取扱情報のうち、当社が定めた情報を、サービス利用許諾証書に定めた期間保持するものとします。
9. お客様は、個人情報の取得、利用、保存等の取扱いについて、個人情報保護法、EU一般データ保護規則その他、お客様に適用される個人情報、プライバシー、データ保護に関する法令(以上を合わせて以下「データ保護法令」といいます)を遵守します。お客様に適用されるデータ保護法令の違反によって生じた損害についてはお客様が一切の責任を負い、当社はこれを補填する義務や一切の責任を負わないものとします。

第9条(知的財産権等)
本サービス、対象プログラム、対象ドキュメントその他本サービスを構成する有形・無形の構成物(ソフトウェアプログラム、データベース、アイコン、画像、文章、マニュアル等の関連ドキュメント等を含みます)に関する一切の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利を受ける権利を含みます)を意味します。以下同じ)は、当社又は当社に利用を許諾した第三者に帰属します。

第10条(侵害の場合の責任)
1. 本契約に基づく本サービスの利用に関して、第三者からお客様又はユーザーに対して知的財産権に係るクレーム、紛争、その他の請求(以下「クレーム等」といいます)が発生した場合、お客様又はユーザーは直ちに当社に書面で通知するものとします。
2. 当社は、係るクレーム等の発生が当社の責めに帰すべき事由に基づく場合を除き、お客様又はユーザーと第三者との間で生じたクレーム等に関し一切の責任を負わないものとします。また、当社の責めに帰すべき事由に基づきクレーム等が発生した場合であっても、お客様又はユーザーが前項の規定に反し当社にクレーム等の発生を速やかに通知しない等の事由により、当社が適切な防御を行う機会を逸することになった場合は、当社は当該クレーム等に関して一切の責任を負わないものとします。

第11条(監査)
1. 当社は、14日前までに書面(電子メールを含みます)で通知することにより、お客様による本サービス又は附属プログラムの利用状況について、監査を行うことができるものとします。
2. お客様は、前項に基づく当社による監査に自らの費用で協力し、合理的な範囲内で助力及び情報を提供することに同意するものとします。
3. お客様は、本サービス又は附属プログラムの利用に関する文書を適切に管理、保存しなければならないものとします。
4. お客様は、第1項の監査の結果、お客様に許諾された範囲を超えて本サービス又は附属プログラムを利用していることが判明した場合、当該超過分の対価の倍額に相当する金銭を、当社の書面(電子メールを含みます)による通知から30日以内に当社指定の方法にて支払うものとします。

第12条(保証)
1. 当社は本サービスがその主要な点において対象ドキュメントに記載の機能を有することを確認していますが、当該確認にかかわらず、本サービス、附属プログラム又は本システムは現状有姿のまま、提供可能な限度でお客様に提供されるものであり、当社は、お客様及びユーザーに対して、本サービス、附属プログラム又は本システムに関して、動作保証、利用目的・機器等への適合性の保証、利用結果に関わる適格性若しくは信頼性の保証、第三者権利侵害の不存在に係る保証を含む、明示若しくは黙示の、一切の保証、表明、約束等を行わないものとします。
2. 当社は、お客様が、附属プログラム及び本サービスを利用するにあたって、以下の各号が満たされるよう努めますが、当社の附属プログラム及び本サービスに関する債務は、これを実現するための合理的な努力を行うことに限られ、以下の各号が常に満たされることをお約束するものではありません。
(1) お客様のシステムの全部又は一部がコンピュータウイルス、マルウェアその他の有害なソフトウェアに感染しないこと。
(2) オペレーティングシステムの脆弱性、電子メールソフトの脆弱性等の第三者ソフトウェアから発生する脅威を防ぐこと。
(3) 接続しようとするウェブサイトが信頼できるサイトであること。
(4) 通信内容が完全に暗号化されていること。
(5) クライアント機器等にエラー、障害等が生じないこと。
(6) 本サービスの一部を構成する各種サーバーに保存される情報等が消失しないこと。
(7) 上記のほか、お客様に発生し得るセキュリティ上の脅威を防ぎ、また、発生したセキュリティ上の脅威を取り除くこと。

第13条(トライアル)
1. 当社は、本サービスの有償での利用を検討することを目的に、一定期間に限って本サービスを利用することができるトライアルを提供する場合があります。トライアルの利用に当たっては、別段の定めがない限り本条のほか、本規約の各規定が適用されます。ただし、トライアルの利用に際して、本条と、本規約中の他の条項が矛盾抵触する場合は、本条の規定が優先して適用されます。
2. トライアルを利用するお客様は、当社が別途定める本サービスの機能を検証する目的にのみ利用し、当該目的以外での利用、正当に許諾されているライセンス数を超えた利用その他本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に抵触又は違反する利用をしてはならないものとします。
3. トライアルに関する第2条第1項の権利許諾の対価は原則として無償とします。
4. お客様は、当社が別途定めるトライアルの機能を、当社が別途承諾した日から原則として14日間(当社が別途指定した期間がある場合には当該期間)に限って利用することができるものとします。なお、当社は、当社の判断により、当該期間の終了日前に、お客様への通知をもって一方的にトライアルの利用を終了させることができるものとします。
5. お客様は、当社の事前の承諾を条件として、第三者に対してトライアルを利用させることができるものとします。ただし、お客様は、当該第三者によるトライアルの利用について当社に対して責任を負うものとします。
6. トライアルのお客様利用分と第5項の第三者利用分のライセンス数の合計は、当社からお客様に対して正当に許諾されているライセンス数を超過しないものとします。
7. 当社は、トライアルを利用するお客様に対して、一切のサポートを提供する義務を負わないものとします。
8. トライアルの利用又は利用不能によってお客様又は第三者に何らかの損害(事業利益の損失、事業の中断、データの損失その他金銭的損害を含みますが、これらに限られません)が生じたとしても、当社は、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとします。
9. 当社の説明若しくは指示又はトライアルの利用若しくは利用不能から生じる紛争(お客様と第三者との間の紛争を含みますが、これに限られません)について、当社は、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとし、お客様がその費用及び責任でそれを処理解決するものとします。
10. トライアルの利用を終了した時、トライアルを利用する権利は消滅するものとし、お客様は、附属プログラム又は対象ドキュメント及びその複製物の全てを削除し、当社の指示に従いその他の処分を行うものとします。
11. トライアルは現状有姿のまま、提供可能な限度でお客様に提供されるものであり、当社は、お客様に対して、トライアル又は本システムに関して、動作保証、利用目的・機器等への適合性の保証、利用結果に関わる適格性若しくは信頼性の保証、第三者権利侵害の不存在に係る保証、トライアルを利用したサービスの一部を構成する各種サーバーに保存される各種情報(権限情報、各種ログ等)等の保証を含む、明示又は黙示の、一切の保証、表明、約束等を行わないものとします。
12. トライアルを利用するお客様は、トライアルが予告なく停止する可能性が存在すること、取扱情報がトライアルの利用終了日後、当社の選択により消去され得ることにつきあらかじめ承諾するものとします。
13. トライアルを利用するお客様は、トライアルの不具合情報を当社に速やかに報告するものとし、また、当社の求めに応じてアンケートへの回答その他の必要な協力を行うものとします。なお、当社は、お客様の当該報告に係る不具合情報の有無にかかわらず、その不具合の解決若しくは修正又はその他の行為を行う義務を負わないものとします。
14. トライアルを利用するお客様は、利用終了日までに当社所定の手続を行うことで本サービスを継続して利用することができるものとします。

第14条(サポート)
1. 本サービスのシリアルナンバーごとに「デジタルアーツクラブ」への登録が行われるものとします。当該登録により、お客様と当社との間で「デジタルアーツクラブ」の会員契約が成立するものとします。当該会員契約成立をもって、当社は、会員特典として、自ら又は販売代理店若しくは当社が業務を委託した第三者を通じて、お客様に対して、第4条第1項の利用許諾期間中に限って、サポートを提供するものとします。なお、第4条第1項なお書きに従って利用許諾期間を延長した場合、サポートを受けられる期間も同期間に限って延長されるものとします。
2. 前項のサポートに係る料金は第5条第1項に定める本サービスの利用料金に含まれます。
3. お客様環境において附属プログラムに関して不具合が発生した場合、当社が提供するサポートは段階的に以下のとおりとします。(1)で不具合が解決した場合は、(2)のサポートは行いません。また、附属プログラムに関する不具合に対しては、ここに定める以外のサポートは一切行いません。また、特定のお客様向けにカスタマイズされた附属プログラムについて、当社は、お客様に対して、お客様の使用環境における動作検証及び当該使用環境において必要となる修正プログラムの適用を含む一切のサポートの提供を行わないものとします。ただし、個別にサポート契約を締結したお客様に関してはこの限りではありません。
(1) 回避方法がある場合はその提示
(2) 最新版において未対応の事象を原因とする不具合によりその障害が発生した場合は、原則として次版バージョンアップ版のリリースまでお待ちいただきます。ただし、前号の解決策を試したもののなお解決しないお客様に対してのみ、当社の判断により、例外的に最新版をベースに修正プログラム(以下「パッチ」といいます)の提供を行うことがあります。なお、左記パッチを提供するか否かの判断は、専ら当社に委ねられるものとし、当社にパッチ提供の義務があるものではありません。また、本号に基づき、当社からパッチの提供を受けたお客様は、パッチはあくまでも応急措置的なものであることを理解するものとします。
4. お客様は、サポートを提供するために当社が必要であると判断した、お客様又はユーザーの各種情報(各種通信ログ、システムログ、設定ファイル等)を、当社の求めに応じて、直ちに提供するものとします。
5. サポートの提供は、お客様が附属プログラムの最新版へアップデートしていることをその条件とします。当社は、第1項の定めにかかわらず、附属プログラムの最新版へのアップデート及び前項の提供を行わないお客様に対してサポートを提供する義務を負わないものとします。
6. 当社は、サポートの提供によりお客様に生じた問題の解決を図るものとしますが、当該問題の完全なる解決をお客様に保証するものではありません。
7. 当社は、ユーザーに対して、一切のサポートを提供する義務を負わないものとします。
8. シリアルナンバーは、当社における営業秘密にも該当するものであって、お客様はシリアルナンバーを第三者に開示したり公開してはならず、お客様における営業秘密と同等以上の注意をもって管理することとし、知る必要がある者以外には開示してはならないものとします。

第15条(サービスの中止・中断・制限)
1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの全部若しくは一部の提供を中止、中断又は制限(以下「中止等」といいます)することができるものとします。
(1) 本システムの保守、点検、工事等を行うとき。
(2) 本システム又は本サービスの不具合、第三者による本システムへの不正アクセス等により本サービスが利用できないとき。
(3) 火災、地震、水害、停電、天災地変、伝染病、本システムを構成する第三者のサービスの障害等の非常事態その他の不可抗力事由が発生したと当社が判断したとき。
(4) 法令又は官公庁の命令等による措置に基づき本サービスが利用できないとき。
(5) 本システムの基盤となっている第三者のサービスにおける通信・容量制限等が発生したとき又はそのおそれがあるとき。
(6) その他、当社又は本システムの管理者が必要であると判断した場合
2. 当社は、前項の規定により本サービスの全部若しくは一部の提供を中止等する場合、お客様に対して原則として事前に通知するものとします。やむを得ない場合には事後に通知します。
3. お客様及びユーザーは、第1項の中止等に関する当社からの指示があった場合、当該指示に従い直ちに必要な対応を実施するものとします。

第16条(サービスの廃止)
1. 当社は、本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。ただし、本サービスの全部を廃止するに当たっては、廃止しようとする日の3か月前までに、お客様及びユーザーに対して通知を行います。
2. 当社が予期し得ない事由又は法令・規則の制定・改廃その他天災等のやむを得ない事由によって本サービスを継続し得ず、前項の予告期間を設けることができない場合であっても、当社は可能な限り速やかにお客様及びユーザーに対して通知を行います。
3. 本条に基づいて本サービスの全部の廃止を行うときは、廃止の日をもって当然に本契約が終了するものとします。

第17条(利用契約の解除・終了)
1. 当社は、お客様又はユーザーが本規約の定め・条件に違反した場合、若しくはお客様又はユーザーが次の各号のいずれかに該当する場合、事前の催告なく本契約及びお客様又はユーザーと当社の間で締結した全ての契約の全部又は一部を一方的に終了させることができるものとします。
(1) 支払いを停止し、又は手形若しくは小切手を不渡りとしたとき。
(2) 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、又は特別清算開始等の申立があったとき。
(3) 仮差押、差押、仮処分又は競売等の申立があったとき。
(4) 合併、解散又は事業の全部若しくは重要な一部の譲渡又は廃止を決議したとき。
(5) 当社が提供するサービスの運営を妨害し、又は当社の名誉、信用を毀損したとき、又はそのおそれがあるとき。
(6) 第三者をして本サービスの利用に支障を及ぼす行為を行わせたとき、又はそのおそれがあるとき。
(7) お客様及びユーザーの登録情報に不実虚偽の記載又は重要な記入漏れがあったとき。
(8) お客様及びユーザーが本サービスの取扱いについて著作権法、特許法、不正アクセス禁止法、個人情報の保護に関する法律その他のお客様が遵守すべき法令規則に違反したとき、又はそのおそれがあるとき。
(9) その他当社がお客様及びユーザーに対して本サービスを継続して提供しがたい重大な背信的行為があったとき。
2. お客様及びユーザーは、本契約が終了した場合、本サービスを利用する権利は消滅し、附属プログラム及びその複製物の全てを削除し、当社の指示に従いその他の処分を行うものとします。
3. お客様は、本契約が終了した場合、本サービスの未払料金全額とその消費税額との合計金額を本契約の終了時から30日以内に支払うものとします。
4. 本契約の終了後(トライアルの利用終了後も同様とします)、お客様又はユーザーは、本システム又は当該各種サーバーに保存される各種情報が当社の選択により消去され得ることにつきあらかじめ承諾するものとします。
5. 理由の如何を問わず、本サービスの利用契約の終了後においても、第1条(定義)、第5条(料金)第3項及び第4項、第8条第6項及び第9項、第9条(知的財産権等)、第10条(侵害の場合の責任)、第12条(保証)、第13条(トライアル)第8項乃至第11項、第17条第2項乃至本項、第18条(機密保持義務)、第19条(責任の制限)、第21条(権利譲渡の禁止)、第23条(反社会的勢力)第3項及び第24条(その他の条件)その他性質上存続すべき事項は、本規約終了後も引き続き存続するものとします。

第18条(機密保持義務)
1. 本規約において「機密情報」とは、本規約に関連して、当社がお客様又はユーザーに対して書面(電子メールを含みます)、電磁的記録媒体、口頭その他の手段により開示した技術上若しくは販売上の情報(「サービス利用許諾証書」に記載される利用条件を含みます)、本サービス、附属プログラム、トライアル若しくは本システムに関する情報又は、該当する場合において、本規約の存在若しくは内容をいいます。ただし、次の各号に定める情報は機密情報に含まれません。
(1) お客様又はユーザーが開示を受けた時点で、既に公知であった情報
(2) お客様又はユーザーが開示を受けた後、お客様又はユーザーの責めによらず公知となった情報
(3) お客様又はユーザーが開示を受けた時点で、既にお客様又はユーザーが合法的に取得していた情報
(4) 機密情報によらずお客様又はユーザーが独自に開発した情報
(5) お客様又はユーザーが第三者より機密保持義務を課せられることなく合法的に提供された情報
2. お客様又はユーザーは、機密情報を当社の事前の書面(電子メールを含みます)等による承諾を得ることなく、第三者(当社の競合他社を含みますが、これに限られません)に開示、提供又は漏洩してはならず、附属プログラムの利用のために必要最小限度の範囲を超えて使用し又は複製してはなりません。
3. お客様又はユーザーは、当社の書面(電子メールを含みます)による承諾を得て機密情報を第三者に開示又は提供する場合、当該第三者に対して本規約における自己の義務と同等の義務を課し、かつ、これを遵守させるものとし、お客様又はユーザーは、当該第三者の一切の行為につき、責任を負うものとします。
4. お客様又はユーザーは、本規約が終了したとき又は当社が要求したときに、当社の選択に従い、速やかに機密情報(複製物を含みます)を当社に返還又は破棄(電磁的記録媒体の場合は消去)します。
5. お客様又はユーザーが保有する個人情報を当社が取り扱う際は、【附属】に従うものとします。

第19条(責任の制限)
1. 当社は、本サービス、附属プログラム又は本システムに関連して保証しないとされている事項、責任を負わないとしている事項については債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとします。
2. 当社は、本サービス、附属プログラムに関し、お客様による操作ミスに起因する損害、お客様又は第三者が設置、維持管理する機器装置の障害に起因する損害、第三者が提供するプログラムに起因する損害、コンピュータウイルス、ハッキングその他不正アクセス行為に起因する損害、お客様又はユーザーが用意した動作環境に起因する損害又は電気通信事業者、インターネット接続プロバイダー等の第三者に起因する損害については一切責任を負わないものとします。
3. お客様及びユーザーは、本サービスを自己の責任において利用するものとし、当社は、本システムの利用又は利用不能からお客様又はユーザーに生じる紛争(お客様又はユーザーと第三者との間の紛争を含みますが、これに限られません)について、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとし、お客様及びユーザーがその費用及び責任でそれを処理解決するものとします。
4. 当社が本サービス、附属プログラム又は本システムに関連して、当社の責めに帰すべき事由によってお客様又はユーザーに損害が生じた場合であっても、当社は当社に故意又は重過失がある場合にのみ損害賠償責任を負うものとします。この場合において、当社が負う賠償責任の範囲は、当該損害の原因行為の内容、回数にかかわらず、本サービスの利用に関してお客様又はユーザーが過去12か月間に支払った料金の合計額を上限とします。
5. 本規約において当社の責任を免除又は限定する規定が、民法、消費者契約法その他の法令により無効又は合意しなかったものとみなされた場合は、当社は、お客様又はユーザーに対して、お客様又はユーザーに実際に生じた直接的かつ現実の損害を賠償する責任を負うものとします。

第20条(通知)
お客様に下記の事象が発生じた場合には速やかに当社に通知するものとします。
(1) 支払停止
(2) 重要な財産又は本規約に基づき当社から交付を受けた財産についての仮差押、仮処分、差押又は強制執行手続の開始
(3) 解散決議又は破産手続、民事再生手続若しくは会社更生手続の開始若しくは特別清算開始の申立て
(4) 合併の決議

第21条(権利・義務の譲渡禁止)
1. お客様又はユーザーは、本規約で明示的に付与された権利を除き、本サービス、附属プログラム又は本システムに関する何らの権利も付与されるものではなく、また、本サービス、附属プログラム、本システムに関する全ての権利(知的財産権を含みますがこれに限られません)は当社又は原権利者が留保するものとします。
2. お客様又はユーザーは、本規約に定める場合以外、第三者に対して、本規約に基づく一切の権利又は義務について、第三者への譲渡、承継、担保供与その他一切の処分をしてはならないものとします。
3. 当社は、本規約上の当社の地位又は本規約に基づく当社の権利若しくは義務を第三者に移転又は譲渡することができるものとし、当該移転又は譲渡に必要な限りにおいて、お客様及びユーザーの情報並びに取扱情報を当該第三者に提供することができるものとします。

第22条(輸出管理)
1. 本サービス、附属プログラム、トライアル又は本システムの利用に関連して、お客様又はユーザーに輸出関連法規が適用されることがあります。お客様又はユーザーは、本サービス、附属プログラム、トライアル又は本システムの利用に当たり、輸出関連法規に従うことを保証します。
2. お客様又はユーザーは、当社に対し、データ、情報、プログラム(附属プログラムを含みます)により作成された資料又はそれらを利用した直接的製品が、輸出関連法規に違反して、直接又は間接であるかを問わず輸出されないこと、輸出関連法規で禁止されている用途(核兵器、化学兵器、生物兵器、ミサイル技術の開発、拡散を含みますが、これらに限られません)で利用されないことを保証します。

第23条(反社会的勢力)
1. お客様又はユーザーは、暴力団員等に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
(1) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること。
(2) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。
(3) 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。
(4) 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。
(5) その他暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。
2. お客様又はユーザーは、自ら又は第三者を利用して次の各号の一つにでも該当する行為を行わないことを確約します。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為
3. 当社は、お客様又はユーザーが前2項を含む本規約の定めに違反した場合、何ら通知・催告をすることなく、本契約その他契約の名称を問わずお客様又はユーザーと当社の間で締結した全ての契約の全部又は一部を直ちに解除できるものとし(当該一部の解除には会員特典のみの解除・提供中止を含みます)、これによりお客又はユーザーに損害、損失及び費用等が生じたとしても一切の責任を負わず、また、当社に損害、損失及び費用等が発生した場合には、お客様又はユーザーがその責任を負うものとします。

第24条(その他の条件)
1. 本規約は日本国の法(手続法を含みます)を準拠法とし、本契約により生じる紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
2. お客様又はユーザーは、本規約で明示的に言及された情報(ウェブサイト上で言及された情報を含みます)が、附属プログラム、本システムその他の本サービスに関するお客様又はユーザーと当社との間の合意の全てであり、本規約が、書面(電子メールを含みます)又は口頭であるかを問わず、本サービスに関わる過去の又は同時期になされた全ての合意や意思表示に優先することを了解します。
3. 本規約の条項のいずれかが無効又は執行不能であることが判明した場合、適用法令により許容される限度で当該条項は本規約の目的及び意図に沿った条文に置き換わるものとし、その他の条項は引き続き有効とします。
4. 本契約に関する通知その他本規約に定める当社からお客様に対する通知は、当社ウェブサイト上への掲示、書面、又は電子メールによる方法その他当社の定める方法によって行うものとします。通知は、当社からの発信によってその効力が生ずるものとします。
5. 本規約は日本語を正文とし、本規約につき日本語以外の言語による翻訳が作成される場合、当該翻訳はお客様の参考のために作成されるに過ぎず、日本語の正文のみが当社とお客様との間で効力を有するものとします。
6. 本規約に定めのない事項又は本規約の履行につき疑義を生じた場合には、お客様又はユーザーと当社で誠意をもって協議し円満解決を図るものとします。

2018年5月9日制定
2018年8月17日改定
2019年6月3日改定
DD-10413-001 2020年3月23 日改定

m-FILTER@Cloud利用規約

本「m-FILTER@Cloud利用規約」(以下「本規約」といいます)は、お客様(第1条に定義します)とデジタルアーツ株式会社(以下「当社」といいます)、又はユーザー(第1条に定義します)と当社の間で、お客様又はユーザーによる本サービス(第1条に定義します)の利用に当たり適用される利用条件であり、お客様又はユーザーが本規約の各条項及び本規約を契約の内容とすることに同意した場合にのみ、お客様と当社、又はユーザーと当社との間に、それぞれ本規約を内容とするm-FILTER@Cloud利用契約(以下「本契約」といいます)が成立し、お客様又はユーザーは本サービスを利用することができます。お客様又はユーザーが本規約に同意しない場合は、本サービスの利用を中止し、附属プログラム(第1条に定義します)及びそれらの複製物の全てを削除しその他の処分を行うものとします。

第1条(定義)
本規約で使用する用語の定義は、以下のとおりとします。
(1) 「お客様」とは、本サービスの利用権を購入する個人又は団体をいいます。
(2) 「本サービス」とは、当社がお客様に提供するm-FILTER@Cloudをいいます。
(3) 「本システム」とは、本サービスをお客様が利用するに当たって必要となる当社又は当社指定の第三者が構築及び管理するサーバー等のシステムをいいます。
(4) 「ユーザー」とは、お客様の役職員等、本サービスを現実に利用する者をいいます。
(5) 「販売代理店」とは、本サービスを取り扱う当社の正規販売代理店をいいます。
(6) 「トライアル」とは、本サービスの有償契約の前段階における試用サービスをいいます。
(7) 「サービス利用許諾証書」とは、本サービスを利用するために必要となる情報が記載された当社発行に係る書面(電子データを含みます)をいいます。
(8) 「対象ドキュメント」とは、サービス利用許諾証書、本サービスのマニュアルその他本サービスに関連して当社又は販売代理店からお客様に提供される当社発行に係る書面(電子データを含みます)をいいます。
(9) 「附属プログラム」とは、本サービスの利用に付随するソフトウェア製品(DigitalArts@Cloud Agentを含みますがこれに限られません)及び対象ドキュメントをいいます。
(10) 「サポート」とは、本サービスの問合せ対応、当社が必要と判断して行う本サービスのバージョンアップ、当社が必要と判断して行う附属プログラムの修正プログラムの適用を含むバージョンアップ版の提供及び最新の対象ドキュメントの提供その他当社が別途定めるお客様に対して提供するサービスをいいます。
(11) 「暴力団員等」とは、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。
(12) 「輸出関連法規」とは、各国の輸出に関する法令及び規制(みなし輸出及びみなし再輸出に関する規制を含みます)をいいます。
(13) 「取扱情報」とは、お客様による本サービスの利用に伴って、本サービス中に蓄積・保存される個人情報を含む可能性がある情報であって、そのうち下の表に掲げるものをいいます。
(14) 「本契約」とは、本規約を内容とする当社とお客様との間の本サービスの利用に係る契約をいいます。
(15) 「個人情報保護法」とは、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)を意味します。
(16) 「個人情報」とは、個人情報保護法第2条第1項に定める個人情報を意味します。

取扱情報

各ユーザーが送受信したメールのメールアドレス
各ユーザーが送受信したメール(添付ファイルを含む)等

第2条(権利許諾)
1. 当社は、お客様に対して、日本国内において、本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に従い、当該条項及び条件のお客様による遵守を条件に、お客様が利用を申し込んだ本サービスを利用するための非独占的、譲渡不能かつ再利用許諾不能の権利を許諾します。
2. 当社は、ユーザーに対して、日本国内において、本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に従い、当該条項及び条件の遵守を条件に、ユーザーに当社が認めた本サービスの機能を利用する非独占的、譲渡不能かつ再利用許諾不能の権利を許諾します。
3. お客様又はユーザーは、本サービス又は附属プログラムの利用に必要となる動作環境(情報機器、各種ソフトウェア、各種ライセンス、通信手段等)を、自らの責任と費用で準備するものとします。本サービス又は附属プログラムの利用に必要となる動作環境は、当社が別途指定するものに限ります。
4. 当社は、本サービスを別途当社が定めるSLOに定める品質・基準をもって提供するよう努めます。ただし当該基準は当社の努力目標を定めたものであって、当社はこれを達成することを保証するものではありません。
5. 当社は、本サービスの提供に関する業務の全部又は一部を当社の裁量にて第三者に委託することができます。ただし、その場合、当社は責任をもって当該委託先を管理します。

第3条(本規約の適用)
1. 当社は、本規約の内容に従って本サービスを提供し、お客様及びユーザーは本規約の内容にてこれを利用します。
2. サービス利用許諾証書及び本規約の【附属】は本規約の一部を構成します。これらの文書が本規約の内容と矛盾抵触するときは、これらの文書において特段の留保がない限り、サービス利用許諾証書及び本規約の【附属】の内容を優先的に適用します。

第4条(利用許諾期間)
1. お客様及びユーザーは、本サービスをサービス利用許諾証書に記載された利用許諾期間に限って利用することができるものとします。なお、お客様は、利用許諾期間満了日までに当社所定の更新手続を行うことで、利用許諾期間を延長することができます。また、月単位での利用について、当社所定の期日までに解約手続を行わなかった場合、本契約は1か月ごとに自動的に更新されます。

第5条(料金)
1. お客様は、前条第1項の利用許諾期間中、当社又は販売代理店を通して、第2条の権利許諾及び第14条のサポートの対価として、所定の金額を所定の期限までに支払うことが必要となります。
2. 利用しているライセンスの数が、お客様に正当に許諾されている数を超過し得る場合は、お客様は追加ライセンスの購入等、客観的に妥当な手段をとるものとします。
3. 当社は、本条に基づいて支払われた対価を、第19条に定める場合を除いてお客様に返還する義務を負いません。
4. お客様が、第1項に定める料金を、当社所定の支払期日が過ぎても支払わない場合、お客様は当社に対し、所定の支払期日の翌日から支払日の前日までの日数に、年14.6%の利率で計算した金額を遅延損害金として支払うものとします。

第6条(サービス及び規約の変更)
1. 当社は、お客様及びユーザーへの予告なく必要に応じて本サービスの内容を変更(機能の追加、性能の向上に限られません。以下同じ)することがあります。当社は、お客様及びユーザーに対し、要望に応じて本サービスの内容を変更する義務を負いません。
2. 当社は、お客様及びユーザーの一般の利益に適合する場合のほか、社会情勢、経済事情、税制の変動等の諸般の状況の変化、法令の変更、本サービスに関する実情の変化その他相当の事由があると認められる場合には、本サービスを提供する目的の範囲内で、前条に定める料金の額、本サービスの内容その他本規約の内容(以上を合わせて以下「本規約の内容等」といいます)を変更できるものとします。
3. 当社は、前項の定めに基づいて本規約の内容等の変更を行う場合は、変更後の利用規約の内容を、当社ウェブサイト上に表示する方法又は当社の定める方法により通知する方法でお客様及びユーザーに周知するものとし、この周知の際に定める相当な期間を経過した日から、変更後の利用規約は適用されるものとします。

第7条(権利及び制限)
1. お客様及びユーザーは、以下の行為をしてはならないとともに、お客様はユーザーに対しても以下の行為をさせないようにするものとします。
(1) 法令又は公序良俗に違反すること。
(2) 本規約で明示的に許諾されている場合を除き、本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムの全部又は一部を複製すること。
(3) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムのトレース、デバッグ、リバース・エンジニアリング、逆アセンブル若しくは逆コンパイルを行うこと。
(4) 当社が別途承諾した場合を除き、有償・無償を問わず、本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムを第三者にリース、レンタル、譲渡、引用、再許諾、再販売その他の方法で利用させること。
(5) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムの表示又は当社若しくは原権利者の知的財産権に関する注意事項の表示を削除又は変更すること。
(6) 当社を含む第三者の信用若しくは名誉を侵害し又は第三者のプライバシー権、肖像権、知的財産権その他一切の権利を侵害すること。
(7) 本システムその他の本サービスに通常利用の範囲を超えて負担をかけること又は他のお客様による本サービスの利用に支障を生じさせること(コンピュータウイルス、マルウェアその他有害なコンピュータプログラム又はデータを送信又は掲載することを含みます)。
(8) 当社が別途承諾した場合を除き、本サービス、附属プログラム、又は本システムの全部若しくは一部を、有償・無償を問わず、業として又は付加価値サービスその他の第三者向けサービスの一環として、第三者に利用させること。
(9) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムを意図された利用方法外で利用すること。
(10) 附属プログラムの複数のバージョンを同一の端末において同時に利用すること。
(11) 第三者であるユーザー本人の同意を得ずに、当該ユーザーに関する個人情報及び取得情報を取得・閲覧等すること。
(12) 本規約に反する行為又は対象ドキュメントで禁じられている若しくは許容されていない態様で利用すること。
(13) お客様及びユーザーが当社の競合他社又はその委託を受けた者である場合に、本サービスを利用すること。
(14) 本サービス、当社の提供するその他のサービス又は製品の提供、運用を妨害する行為を行うこと。
(15) 本システムの一部を構成する各種サーバーに保存される情報等本サービスに関連する情報(取扱情報を含みます)を消去・改ざんし、又はこれを試みること。
(16) 当社のウェブサイト、サービス、関連するネットワークへの不正アクセス行為を行うこと。
(17) 第三者になりすまして本サービスを利用すること。
(18) 前号までの行為を、第三者をしてなさしめること、又はそのおそれのある行為を行うこと。
(19) その他、当社が不適切と判断する行為を行うこと。
2. 前項各号のいずれかに該当する違反があると当社が判断した場合、当社は、本サービスの利用停止、契約締結拒否、その他当社が必要と認める措置を行うことができるものとします。

第8条(本サービスの利用に伴う情報の取得・管理)
1. 本サービスの性質上、当社は、お客様の委託のもとで、取扱情報を本システムに保存します。
2. 当社は、本システムの一部を構成する各種サーバーの故障、本サービス停止時の復旧の便宜、データ障害防止等のために、バックアップの取得等取扱情報の複製をすることができるものとします。
3. 当社は、取扱情報には個人情報、秘密情報、営業秘密等の重要な情報が含まれる可能性があることを理解し、取扱情報を【附属】個人情報の取扱いに関する方針(プライバシーポリシー)に沿って必要な限度でのみ、閲覧、使用するとともに、第三者に対する漏洩、第三者からの不正アクセス等が生じないよう、適切な安全管理措置を講じます。
4. お客様は、取扱情報へのアクセス権者(以下「ネットワーク管理者」といいます)を定め、取扱情報を閲覧、利用することが、ユーザーの通信の秘密やプライバシー権侵害等を惹き起こす危険があることを認識し、適切に管理、運用するものとします。ネットワーク管理者は、正当な理由がある場合を除き、取扱情報を閲覧、利用してはならないものとします。
5. お客様は、ネットワーク管理者が、取扱情報を閲覧し又は利用することが可能であることについて、ユーザーに対し事前に十分な周知を行った上で理解を得るものとします。
6. お客様は、ユーザーの承諾を得た上で、当該ユーザーに関する取扱情報を閲覧、利用することができるものとしますが、当該ユーザーによる承諾の有無によらず、取扱情報に関するお客様と当該ユーザーとの間に発生する紛争を自らの責任及び負担において処理解決するものとします。
7. お客様及びユーザーは、本サービスの利用に当たって当社が必要とするお客様又はユーザーの各種情報(連絡先、電子メールアドレス、各種通信ログ、システムログ、設定ファイル等)を当社が必要最小限度の範囲において収集、閲覧する可能性があることにあらかじめ同意するものとします。
8. 当社は、取扱情報のうち、当社が定めた情報を、サービス利用許諾証書に定めた期間保持するものとします。
9. お客様は、個人情報の取得、利用、保存等の取扱いについて、個人情報保護法、EU一般データ保護規則その他、お客様に適用される個人情報、プライバシー、データ保護に関する法令(以上を合わせて以下「データ保護法令」といいます)を遵守します。お客様に適用されるデータ保護法令の違反によって生じた損害についてはお客様が一切の責任を負い、当社はこれを補填する義務や一切の責任を負わないものとします。

第9条(知的財産権等)
本サービス、対象プログラム、対象ドキュメントその他本サービスを構成する有形・無形の構成物(ソフトウェアプログラム、データベース、アイコン、画像、文章、マニュアル等の関連ドキュメント等を含みます)に関する一切の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利を受ける権利を含みます)を意味します。以下同じ)は、当社又は当社に利用を許諾した第三者に帰属します。

第10条(侵害の場合の責任)
1. 本契約に基づく本サービスの利用に関して、第三者からお客様又はユーザーに対して知的財産権に係るクレーム、紛争、その他の請求(以下「クレーム等」といいます)が発生した場合、お客様又はユーザーは直ちに当社に書面で通知するものとします。
2. 当社は、係るクレーム等の発生が当社の責めに帰すべき事由に基づく場合を除き、お客様又はユーザーと第三者との間で生じたクレーム等に関し一切の責任を負わないものとします。また、当社の責めに帰すべき事由に基づきクレーム等が発生した場合であっても、お客様又はユーザーが前項の規定に反し当社にクレーム等の発生を速やかに通知しない等の事由により、当社が適切な防御を行う機会を逸することになった場合は、当社は当該クレーム等に関して一切の責任を負わないものとします。

第11条(監査)
1. 当社は、14日前までに書面(電子メールを含みます)で通知することにより、お客様による本サービス又は附属プログラムの利用状況について、監査を行うことができるものとします。
2. お客様は、前項に基づく当社による監査に自らの費用で協力し、合理的な範囲内で助力及び情報を提供することに同意するものとします。
3. お客様は、本サービス又は附属プログラムの利用に関する文書を適切に管理、保存しなければならないものとします。
4. お客様は、第1項の監査の結果、お客様に許諾された範囲を超えて本サービス又は附属プログラムを利用していることが判明した場合、当該超過分の対価の倍額に相当する金銭を、当社の書面(電子メールを含みます)による通知から30日以内に当社指定の方法にて支払うものとします。

第12条(保証)
1. 当社は本サービスがその主要な点において対象ドキュメントに記載の機能を有することを確認していますが、当該確認にかかわらず、本サービス、附属プログラム又は本システムは現状有姿のまま、提供可能な限度でお客様に提供されるものであり、当社は、お客様及びユーザーに対して、本サービス、附属プログラム又は本システムに関して、動作保証、利用目的・機器等への適合性の保証、利用結果に関わる適格性若しくは信頼性の保証、第三者権利侵害の不存在に係る保証を含む、明示若しくは黙示の、一切の保証、表明、約束等を行わないものとします。
2. 当社は、お客様が、附属プログラム及び本サービスを利用するにあたって、以下の各号が満たされるよう努めますが、当社の附属プログラム及び本サービスに関する債務は、これを実現するための合理的な努力を行うことに限られ、以下の各号が常に満たされることをお約束するものではありません。
(1) お客様のシステムの全部又は一部がコンピュータウイルス、マルウェアその他の有害なソフトウェアに感染しないこと。
(2) オペレーティングシステムの脆弱性、電子メールソフトの脆弱性等の第三者ソフトウェアから発生する脅威を防ぐこと。
(3) 接続しようとするウェブサイトが信頼できるサイトであること。
(4) 通信内容が完全に暗号化されていること。
(5) クライアント機器等にエラー、障害等が生じないこと。
(6) 本サービスの一部を構成する各種サーバーに保存される情報等が消失しないこと。
(7) 上記のほか、お客様に発生し得るセキュリティ上の脅威を防ぎ、また、発生したセキュリティ上の脅威を取り除くこと。

第13条(トライアル)
1. 当社は、本サービスの有償での利用を検討することを目的に、一定期間に限って本サービスを利用することができるトライアルを提供する場合があります。トライアルの利用に当たっては、別段の定めがない限り本条のほか、本規約の各規定が適用されます。ただし、トライアルの利用に際して、本条と、本規約中の他の条項が矛盾抵触する場合は、本条の規定が優先して適用されます。
2. トライアルを利用するお客様は、当社が別途定める本サービスの機能を検証する目的にのみ利用し、当該目的以外での利用、正当に許諾されているライセンス数を超えた利用その他本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に抵触又は違反する利用をしてはならないものとします。
3. トライアルに関する第2条第1項の権利許諾の対価は原則として無償とします。
4. お客様は、当社が別途定めるトライアルの機能を、当社が別途承諾した日から原則として14日間(当社が別途指定した期間がある場合には当該期間)に限って利用することができるものとします。なお、当社は、当社の判断により、当該期間の終了日前に、お客様への通知をもって一方的にトライアルの利用を終了させることができるものとします。
5. お客様は、当社の事前の承諾を条件として、第三者に対してトライアルを利用させることができるものとします。ただし、お客様は、当該第三者によるトライアルの利用について当社に対して責任を負うものとします。
6. トライアルのお客様利用分と第5項の第三者利用分のライセンス数の合計は、当社からお客様に対して正当に許諾されているライセンス数を超過しないものとします。
7. 当社は、トライアルを利用するお客様に対して、一切のサポートを提供する義務を負わないものとします。
8. トライアルの利用又は利用不能によってお客様又は第三者に何らかの損害(事業利益の損失、事業の中断、データの損失その他金銭的損害を含みますが、これらに限られません)が生じたとしても、当社は、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとします。
9. 当社の説明若しくは指示又はトライアルの利用若しくは利用不能から生じる紛争(お客様と第三者との間の紛争を含みますが、これに限られません)について、当社は、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとし、お客様がその費用及び責任でそれを処理解決するものとします。
10. トライアルの利用を終了した時、トライアルを利用する権利は消滅するものとし、お客様は、附属プログラム又は対象ドキュメント及びその複製物の全てを削除し、当社の指示に従いその他の処分を行うものとします。
11. トライアルは現状有姿のまま、提供可能な限度でお客様に提供されるものであり、当社は、お客様に対して、トライアル又は本システムに関して、動作保証、利用目的・機器等への適合性の保証、利用結果に関わる適格性若しくは信頼性の保証、第三者権利侵害の不存在に係る保証、トライアルを利用したサービスの一部を構成する各種サーバーに保存される各種情報(権限情報、各種ログ等)等の保証を含む、明示又は黙示の、一切の保証、表明、約束等を行わないものとします。
12. トライアルを利用するお客様は、トライアルが予告なく停止する可能性が存在すること、取扱情報がトライアルの利用終了日後、当社の選択により消去され得ることにつきあらかじめ承諾するものとします。
13. トライアルを利用するお客様は、トライアルの不具合情報を当社に速やかに報告するものとし、また、当社の求めに応じてアンケートへの回答その他の必要な協力を行うものとします。なお、当社は、お客様の当該報告に係る不具合情報の有無にかかわらず、その不具合の解決若しくは修正又はその他の行為を行う義務を負わないものとします。
14. トライアルを利用するお客様は、利用終了日までに当社所定の手続を行うことで本サービスを継続して利用することができるものとします。

第14条(サポート)
1. 本サービスのシリアルナンバーごとに「デジタルアーツクラブ」への登録が行われるものとします。当該登録により、お客様と当社との間で「デジタルアーツクラブ」の会員契約が成立するものとします。当該会員契約成立をもって、当社は、会員特典として、自ら又は販売代理店若しくは当社が業務を委託した第三者を通じて、お客様に対して、第4条第1項の利用許諾期間中に限って、サポートを提供するものとします。なお、第4条第1項なお書きに従って利用許諾期間を延長した場合、サポートを受けられる期間も同期間に限って延長されるものとします。
2. 前項のサポートに係る料金は第5条第1項に定める本サービスの利用料金に含まれます。
3. お客様環境において附属プログラムに関して不具合が発生した場合、当社が提供するサポートは段階的に以下のとおりとします。(1)で不具合が解決した場合は、(2)のサポートは行いません。また、附属プログラムに関する不具合に対しては、ここに定める以外のサポートは一切行いません。また、特定のお客様向けにカスタマイズされた附属プログラムについて、当社は、お客様に対して、お客様の使用環境における動作検証及び当該使用環境において必要となる修正プログラムの適用を含む一切のサポートの提供を行わないものとします。ただし、個別にサポート契約を締結したお客様に関してはこの限りではありません。
(1) 回避方法がある場合はその提示
(2) 最新版において未対応の事象を原因とする不具合によりその障害が発生した場合は、原則として次版バージョンアップ版のリリースまでお待ちいただきます。ただし、前号の解決策を試したもののなお解決しないお客様に対してのみ、当社の判断により、例外的に最新版をベースに修正プログラム(以下「パッチ」といいます)の提供を行うことがあります。なお、左記パッチを提供するか否かの判断は、専ら当社に委ねられるものとし、当社にパッチ提供の義務があるものではありません。また、本号に基づき、当社からパッチの提供を受けたお客様は、パッチはあくまでも応急措置的なものであることを理解するものとします。
4. お客様は、サポートを提供するために当社が必要であると判断した、お客様又はユーザーの各種情報(各種通信ログ、システムログ、設定ファイル等)を、当社の求めに応じて、直ちに提供するものとします。
5. サポートの提供は、お客様が附属プログラムの最新版へアップデートしていることをその条件とします。当社は、第1項の定めにかかわらず、附属プログラムの最新版へのアップデート及び前項の提供を行わないお客様に対してサポートを提供する義務を負わないものとします。
6. 当社は、サポートの提供によりお客様に生じた問題の解決を図るものとしますが、当該問題の完全なる解決をお客様に保証するものではありません。
7. 当社は、ユーザーに対して、一切のサポートを提供する義務を負わないものとします。
8. シリアルナンバーは、当社における営業秘密にも該当するものであって、お客様はシリアルナンバーを第三者に開示したり公開してはならず、お客様における営業秘密と同等以上の注意をもって管理することとし、知る必要がある者以外には開示してはならないものとします。

第15条(サービスの中止・中断・制限)
1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの全部若しくは一部の提供を中止、中断又は制限(以下「中止等」といいます)することができるものとします。
(1) 本システムの保守、点検、工事等を行うとき。
(2) 本システム又は本サービスの不具合、第三者による本システムへの不正アクセス等により本サービスが利用できないとき。
(3) 火災、地震、水害、停電、天災地変、伝染病、本システムを構成する第三者のサービスの障害等の非常事態その他の不可抗力事由が発生したと当社が判断したとき。
(4) 法令又は官公庁の命令等による措置に基づき本サービスが利用できないとき。
(5) 本システムの基盤となっている第三者のサービスにおける通信・容量制限等が発生したとき又はそのおそれがあるとき。
(6) その他、当社又は本システムの管理者が必要であると判断した場合
2. 当社は、前項の規定により本サービスの全部若しくは一部の提供を中止等する場合、お客様に対して原則として事前に通知するものとします。やむを得ない場合には事後に通知します。
3. お客様及びユーザーは、第1項の中止等に関する当社からの指示があった場合、当該指示に従い直ちに必要な対応を実施するものとします。

第16条(サービスの廃止)
1. 当社は、本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。ただし、本サービスの全部を廃止するに当たっては、廃止しようとする日の3か月前までに、お客様及びユーザーに対して通知を行います。
2. 当社が予期し得ない事由又は法令・規則の制定・改廃その他天災等のやむを得ない事由によって本サービスを継続し得ず、前項の予告期間を設けることができない場合であっても、当社は可能な限り速やかにお客様及びユーザーに対して通知を行います。
3. 本条に基づいて本サービスの全部の廃止を行うときは、廃止の日をもって当然に本契約が終了するものとします。

第17条(利用契約の解除・終了)
1. 当社は、お客様又はユーザーが本規約の定め・条件に違反した場合、若しくはお客様又はユーザーが次の各号のいずれかに該当する場合、事前の催告なく本契約及びお客様又はユーザーと当社の間で締結した全ての契約の全部又は一部を一方的に終了させることができるものとします。
(1) 支払いを停止し、又は手形若しくは小切手を不渡りとしたとき。
(2) 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、又は特別清算開始等の申立があったとき。
(3) 仮差押、差押、仮処分又は競売等の申立があったとき。
(4) 合併、解散又は事業の全部若しくは重要な一部の譲渡又は廃止を決議したとき。
(5) 当社が提供するサービスの運営を妨害し、又は当社の名誉、信用を毀損したとき、又はそのおそれがあるとき。
(6) 第三者をして本サービスの利用に支障を及ぼす行為を行わせたとき、又はそのおそれがあるとき。
(7) お客様及びユーザーの登録情報に不実虚偽の記載又は重要な記入漏れがあったとき。
(8) お客様及びユーザーが本サービスの取扱いについて著作権法、特許法、不正アクセス禁止法、個人情報の保護に関する法律その他のお客様が遵守すべき法令規則に違反したとき、又はそのおそれがあるとき。
(9) その他当社がお客様及びユーザーに対して本サービスを継続して提供しがたい重大な背信的行為があったとき。
2. お客様及びユーザーは、本契約が終了した場合、本サービスを利用する権利は消滅し、附属プログラム及びその複製物の全てを削除し、当社の指示に従いその他の処分を行うものとします。
3. お客様は、本契約が終了した場合、本サービスの未払料金全額とその消費税額との合計金額を本契約の終了時から30日以内に支払うものとします。
4. 本契約の終了後(トライアルの利用終了後も同様とします)、お客様又はユーザーは、本システム又は当該各種サーバーに保存される各種情報が当社の選択により消去され得ることにつきあらかじめ承諾するものとします。
5. 理由の如何を問わず、本サービスの利用契約の終了後においても、第1条(定義)、第5条(料金)第3項及び第4項、第8条第6項及び第9項、第9条(知的財産権等)、第10条(侵害の場合の責任)、第12条(保証)、第13条(トライアル)第8項乃至第11項、第17条第2項乃至本項、第18条(機密保持義務)、第19条(責任の制限)、第21条(権利譲渡の禁止)、第23条(反社会的勢力)第3項及び第24条(その他の条件)その他性質上存続すべき事項は、本規約終了後も引き続き存続するものとします。

第18条(機密保持義務)
1. 本規約において「機密情報」とは、本規約に関連して、当社がお客様又はユーザーに対して書面(電子メールを含みます)、電磁的記録媒体、口頭その他の手段により開示した技術上若しくは販売上の情報(「サービス利用許諾証書」に記載される利用条件を含みます)、本サービス、附属プログラム、トライアル若しくは本システムに関する情報又は、該当する場合において、本規約の存在若しくは内容をいいます。ただし、次の各号に定める情報は機密情報に含まれません。
(1) お客様又はユーザーが開示を受けた時点で、既に公知であった情報
(2) お客様又はユーザーが開示を受けた後、お客様又はユーザーの責めによらず公知となった情報
(3) お客様又はユーザーが開示を受けた時点で、既にお客様又はユーザーが合法的に取得していた情報
(4) 機密情報によらずお客様又はユーザーが独自に開発した情報
(5) お客様又はユーザーが第三者より機密保持義務を課せられることなく合法的に提供された情報
2. お客様又はユーザーは、機密情報を当社の事前の書面(電子メールを含みます)等による承諾を得ることなく、第三者(当社の競合他社を含みますが、これに限られません)に開示、提供又は漏洩してはならず、附属プログラムの利用のために必要最小限度の範囲を超えて使用し又は複製してはなりません。
3. お客様又はユーザーは、当社の書面(電子メールを含みます)による承諾を得て機密情報を第三者に開示又は提供する場合、当該第三者に対して本規約における自己の義務と同等の義務を課し、かつ、これを遵守させるものとし、お客様又はユーザーは、当該第三者の一切の行為につき、責任を負うものとします。
4. お客様又はユーザーは、本規約が終了したとき又は当社が要求したときに、当社の選択に従い、速やかに機密情報(複製物を含みます)を当社に返還又は破棄(電磁的記録媒体の場合は消去)します。
5. お客様又はユーザーが保有する個人情報を当社が取り扱う際は、【附属】に従うものとします。

第19条(責任の制限)
1. 当社は、本サービス、附属プログラム又は本システムに関連して保証しないとされている事項、責任を負わないとしている事項については債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとします。
2. 当社は、本サービス、附属プログラムに関し、お客様による操作ミスに起因する損害、お客様又は第三者が設置、維持管理する機器装置の障害に起因する損害、第三者が提供するプログラムに起因する損害、コンピュータウイルス、ハッキングその他不正アクセス行為に起因する損害、お客様又はユーザーが用意した動作環境に起因する損害又は電気通信事業者、インターネット接続プロバイダー等の第三者に起因する損害については一切責任を負わないものとします。
3. お客様及びユーザーは、本サービスを自己の責任において利用するものとし、当社は、本システムの利用又は利用不能からお客様又はユーザーに生じる紛争(お客様又はユーザーと第三者との間の紛争を含みますが、これに限られません)について、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとし、お客様及びユーザーがその費用及び責任でそれを処理解決するものとします。
4. 当社が本サービス、附属プログラム又は本システムに関連して、当社の責めに帰すべき事由によってお客様又はユーザーに損害が生じた場合であっても、当社は当社に故意又は重過失がある場合にのみ損害賠償責任を負うものとします。この場合において、当社が負う賠償責任の範囲は、当該損害の原因行為の内容、回数にかかわらず、本サービスの利用に関してお客様又はユーザーが過去12か月間に支払った料金の合計額を上限とします。
5. 本規約において当社の責任を免除又は限定する規定が、民法、消費者契約法その他の法令により無効又は合意しなかったものとみなされた場合は、当社は、お客様又はユーザーに対して、お客様又はユーザーに実際に生じた直接的かつ現実の損害を賠償する責任を負うものとします。

第20条(通知)
お客様に下記の事象が発生じた場合には速やかに当社に通知するものとします。
(1) 支払停止
(2) 重要な財産又は本規約に基づき当社から交付を受けた財産についての仮差押、仮処分、差押又は強制執行手続の開始
(3) 解散決議又は破産手続、民事再生手続若しくは会社更生手続の開始若しくは特別清算開始の申立て
(4) 合併の決議

第21条(権利・義務の譲渡禁止)
1. お客様又はユーザーは、本規約で明示的に付与された権利を除き、本サービス、附属プログラム又は本システムに関する何らの権利も付与されるものではなく、また、本サービス、附属プログラム、本システムに関する全ての権利(知的財産権を含みますがこれに限られません)は当社又は原権利者が留保するものとします。
2. お客様又はユーザーは、本規約に定める場合以外、第三者に対して、本規約に基づく一切の権利又は義務について、第三者への譲渡、承継、担保供与その他一切の処分をしてはならないものとします。
3. 当社は、本規約上の当社の地位又は本規約に基づく当社の権利若しくは義務を第三者に移転又は譲渡することができるものとし、当該移転又は譲渡に必要な限りにおいて、お客様及びユーザーの情報並びに取扱情報を当該第三者に提供することができるものとします。

第22条(輸出管理)
1. 本サービス、附属プログラム、トライアル又は本システムの利用に関連して、お客様又はユーザーに輸出関連法規が適用されることがあります。お客様又はユーザーは、本サービス、附属プログラム、トライアル又は本システムの利用に当たり、輸出関連法規に従うことを保証します。
2. お客様又はユーザーは、当社に対し、データ、情報、プログラム(附属プログラムを含みます)により作成された資料又はそれらを利用した直接的製品が、輸出関連法規に違反して、直接又は間接であるかを問わず輸出されないこと、輸出関連法規で禁止されている用途(核兵器、化学兵器、生物兵器、ミサイル技術の開発、拡散を含みますが、これらに限られません)で利用されないことを保証します。

第23条(反社会的勢力)
1. お客様又はユーザーは、暴力団員等に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
(1) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること。
(2) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。
(3) 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。
(4) 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。
(5) その他暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。
2. お客様又はユーザーは、自ら又は第三者を利用して次の各号の一つにでも該当する行為を行わないことを確約します。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為
3. 当社は、お客様又はユーザーが前2項を含む本規約の定めに違反した場合、何ら通知・催告をすることなく、本契約その他契約の名称を問わずお客様又はユーザーと当社の間で締結した全ての契約の全部又は一部を直ちに解除できるものとし(当該一部の解除には会員特典のみの解除・提供中止を含みます)、これによりお客又はユーザーに損害、損失及び費用等が生じたとしても一切の責任を負わず、また、当社に損害、損失及び費用等が発生した場合には、お客様又はユーザーがその責任を負うものとします。

第24条(その他の条件)
1. 本規約は日本国の法(手続法を含みます)を準拠法とし、本契約により生じる紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
2. お客様又はユーザーは、本規約で明示的に言及された情報(ウェブサイト上で言及された情報を含みます)が、附属プログラム、本システムその他の本サービスに関するお客様又はユーザーと当社との間の合意の全てであり、本規約が、書面(電子メールを含みます)又は口頭であるかを問わず、本サービスに関わる過去の又は同時期になされた全ての合意や意思表示に優先することを了解します。
3. 本規約の条項のいずれかが無効又は執行不能であることが判明した場合、適用法令により許容される限度で当該条項は本規約の目的及び意図に沿った条文に置き換わるものとし、その他の条項は引き続き有効とします。
4. 本契約に関する通知その他本規約に定める当社からお客様に対する通知は、当社ウェブサイト上への掲示、書面、又は電子メールによる方法その他当社の定める方法によって行うものとします。通知は、当社からの発信によってその効力が生ずるものとします。
5. 本規約は日本語を正文とし、本規約につき日本語以外の言語による翻訳が作成される場合、当該翻訳はお客様の参考のために作成されるに過ぎず、日本語の正文のみが当社とお客様との間で効力を有するものとします。
6. 本規約に定めのない事項又は本規約の履行につき疑義を生じた場合には、お客様又はユーザーと当社で誠意をもって協議し円満解決を図るものとします。

2018年5月9日制定
2018年8月17日改定
2019年6月3日改定
DD-10413-001 2020年3月23 日改定

FinalCode@Cloud利用規約

本「FinalCode@Cloud利用規約」(以下「本規約」といいます)は、お客様(第1条に定義します)とデジタルアーツ株式会社(以下「当社」といいます)、又はユーザー(第1条に定義します)と当社の間で、お客様又はユーザーによる本サービス(第1条に定義します)の利用に当たり適用される利用条件であり、お客様又はユーザーが本規約の各条項及び本規約を契約の内容とすることに同意した場合にのみ、お客様と当社、又はユーザーと当社との間に、それぞれ本規約を内容とするFinalCode@Cloud利用契約(以下「本契約」といいます)が成立し、お客様又はユーザーは本サービスを利用することができます。お客様又はユーザーが本規約に同意しない場合は、本サービスの利用を中止し、附属プログラム(第1条に定義します)及びそれらの複製物の全てを削除しその他の処分を行うものとします。

第1条(定義)
本規約で使用する用語の定義は、以下のとおりとします。
(1) 「お客様」とは、本サービスの利用権を購入する個人又は団体をいいます。
(2) 「本サービス」とは、当社がお客様に提供するFinalCode@Cloudをいいます。
(3) 「本システム」とは、本サービスをお客様が利用するに当たって必要となる当社又は当社指定の第三者が構築及び管理するサーバー等のシステムをいいます。
(4) 「主管理者」とは、お客様において本サービスを管理する権限を有している個人をいいます。
(5) 「アカウント」とは、電子メールアドレス又は組織内情報通信ネットワークの構成要素の情報若しくは構成要素間の関係性を管理する当社所定の方法で管理されたお客様の当該ネットワーク上において利用者を識別するための文字列をいいます。
(6) 「登録アカウント」とは、主管理者が本サービスの管理画面上で入力する方法又は当社が別途定める方法にて、当社が指定するシステムに登録を行ったアカウントをいいます。
(7) 「登録ドメイン」とは、主管理者が本サービスの管理画面上で入力する方法又は当社が別途定める方法にて、当社が指定するシステムに登録を行ったアカウントのドメインをいいます。なお、お客様は業務上で通常用いるお客様独自のドメインのみを主たる登録ドメインとすることができ、フリーメールドメインその他当社が別途指定するドメインは主たる登録ドメインとできないものとします。また、お客様が同一団体内で又は個人として主たる登録ドメイン以外に業務上で通常用いる他のドメイン(サブドメインを含みますが、これに限られません)が存在する場合、原則として、当該他のドメインについても従たる登録ドメインとしての登録を要するものとします。
(8) 「企業・団体外ユーザー」とは、登録ドメインの配下にないアカウントを用いて、本サービスを現実に利用する個人をいいます。なお、企業・団体外ユーザーは、事業のために本サービスを利用されているものとみなします。
(9) 「企業・団体内ユーザー」とは、登録ドメインの配下にあるアカウントを用いて、本サービスを現実に利用する個人をいいます。
(10) 「ユーザー」とは、企業・団体外ユーザー、企業・団体内ユーザーの総称をいいます。
(11) 「販売代理店」とは、本サービスを取り扱う当社の正規販売代理店をいいます。
(12) 「トライアル」とは、本サービスの有償契約の前段階における試用サービスをいいます。
(13) 「サービス利用許諾証書」とは、本サービスを利用するために必要となる情報が記載された当社発行に係る書面(電子データを含みます)をいいます。
(14) 「対象ドキュメント」とは、サービス利用許諾証書、本サービスのマニュアルその他本サービスに関連して当社又は販売代理店からお客様に提供される当社発行に係る書面(電子データを含みます)をいいます。
(15) 「附属プログラム」とは、本サービスの利用に付随するソフトウェア製品(DigitalArts@Cloud Agentを含みますがこれに限られません)及び対象ドキュメントをいいます。
(16) 「サポート」とは、本サービスの問合せ対応、当社が必要と判断して行う本サービスのバージョンアップ、当社が必要と判断して行う附属プログラムの修正プログラムの適用を含むバージョンアップ版の提供及び最新の対象ドキュメントの提供その他当社が別途定めるお客様に対して提供するサービスをいいます。
(17) 「暴力団員等」とは、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。
(18) 「輸出関連法規」とは、各国の輸出に関する法令及び規制(みなし輸出及びみなし再輸出に関する規制を含みます)をいいます。
(19) 「取扱情報」とは、お客様による本サービスの利用に伴って、本サービス中に蓄積・保存される個人情報を含む可能性がある情報であって、そのうち下の表に掲げるものをいいます。
(20) 「本契約」とは、本規約を内容とする当社とお客様との間の本サービスの利用に係る契約をいいます。
(21) 「個人情報保護法」とは、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)を意味します。
(22) 「個人情報」とは、個人情報保護法第2条第1項に定める個人情報を意味します。

取扱情報

各ユーザーのIPアドレス
本サービスによって暗号化されたファイル(以下「FCLファイル」といいます)の名前
FCLファイルの受送信ユーザーのメールアドレス
FCLファイルに対する操作内容
(Browser View / Box連携オプション利用時のみ)本サービスによって暗号化及び復号されたファイル

第2条(権利許諾)
1. 当社は、お客様に対して、日本国内において、本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に従い、当該条項及び条件のお客様による遵守を条件に、お客様が利用を申し込んだ本サービスを利用するための非独占的、譲渡不能かつ再利用許諾不能の権利を許諾します。
2. 当社は、企業・団体内ユーザーのうち、登録アカウントを利用する者、又は利用しない者に対して、日本国内において、本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に従い、当該条項及び条件の遵守を条件に、それぞれのユーザーに当社が認めた本サービスの機能を利用する非独占的、譲渡不能かつ再利用許諾不能の権利を許諾します。
3. 当社は、企業・団体外ユーザーに対して、日本国内において、本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に従い、当該条項及び条件の遵守を条件に、企業・団体外ユーザーに当社が認めた本サービスの機能を利用する非独占的、譲渡不能かつ再利用許諾不能の権利を許諾します。
4. お客様又はユーザーは、本サービス又は附属プログラムの利用に必要となる動作環境(情報機器、各種ソフトウェア、各種ライセンス、通信手段等)を、自らの責任と費用で準備するものとします。本サービス又は附属プログラムの利用に必要となる動作環境は、当社が別途指定するものに限ります。
5. 当社は、本サービスを別途当社が定めるSLOに定める品質・基準をもって提供するよう努めます。ただし当該基準は当社の努力目標を定めたものであって、当社はこれを達成することを保証するものではありません。
6. 当社は、本サービスの提供に関する業務の全部又は一部を当社の裁量にて第三者に委託することができます。ただし、その場合、当社は責任をもって当該委託先を管理します。

第3条(本規約の適用)
1. 当社は、本規約の内容に従って本サービスを提供し、お客様及びユーザーは本規約の内容にてこれを利用します。
2. サービス利用許諾証書及び本規約の【附属】は本規約の一部を構成します。これらの文書が本規約の内容と矛盾抵触するときは、これらの文書において特段の留保がない限り、サービス利用許諾証書及び本規約の【附属】の内容を優先的に適用します。

第4条(利用許諾期間)
1. お客様及び企業・団体内ユーザーは、本サービスをサービス利用許諾証書に記載された利用許諾期間に限って利用することができるものとします。なお、お客様は、利用許諾期間満了日までに当社所定の更新手続を行うことで、利用許諾期間を延長することができます。また、月単位での利用について、当社所定の期日までに解約手続を行わなかった場合、本契約は1か月ごとに自動的に更新されます。
2. 本契約に従うことを条件として、企業・団体外ユーザーは、当該ユーザーに当社が認めた本サービスの機能を、当該機能の利用開始時から利用終了時又は当社が当該ユーザーの利用を中止した時のいずれか早い時まで利用することができるものとします。
3. お客様又はユーザーは、登録アカウントを利用する企業・団体内ユーザーと登録アカウントを利用しない企業・団体内ユーザー、及び企業・団体内ユーザーと企業・団体外ユーザーとの間で利用することができる本サービスの機能に差異があることにつきあらかじめ承諾するものとします。

第5条(料金)
1. お客様は、前条第1項の利用許諾期間中、当社又は販売代理店を通して、第2条の権利許諾及び第14条のサポートの対価として、所定の金額を所定の期限までに支払うことが必要となります。
2. 利用しているライセンスの数が、お客様に正当に許諾されている数を超過し得る場合は、お客様は追加ライセンスの購入等、客観的に妥当な手段をとるものとします。
3. 当社は、本条に基づいて支払われた対価を、第19条に定める場合を除いてお客様に返還する義務を負いません。
4. お客様が、第1項に定める料金を、当社所定の支払期日が過ぎても支払わない場合、お客様は当社に対し、所定の支払期日の翌日から支払日の前日までの日数に、年14.6%の利率で計算した金額を遅延損害金として支払うものとします。

第6条(サービス及び規約の変更)
1. 当社は、お客様及びユーザーへの予告なく必要に応じて本サービスの内容を変更(機能の追加、性能の向上に限られません。以下同じ)することがあります。当社は、お客様及びユーザーに対し、要望に応じて本サービスの内容を変更する義務を負いません。
2. 当社は、お客様及びユーザーの一般の利益に適合する場合のほか、社会情勢、経済事情、税制の変動等の諸般の状況の変化、法令の変更、本サービスに関する実情の変化その他相当の事由があると認められる場合には、本サービスを提供する目的の範囲内で、前条に定める料金の額、本サービスの内容その他本規約の内容(以上を合わせて以下「本規約の内容等」といいます)を変更できるものとします。
3. 当社は、前項の定めに基づいて本規約の内容等の変更を行う場合は、変更後の利用規約の内容を、当社ウェブサイト上に表示する方法又は当社の定める方法により通知する方法でお客様及びユーザーに周知するものとし、この周知の際に定める相当な期間を経過した日から、変更後の利用規約は適用されるものとします。

第7条(権利及び制限)
1. お客様及びユーザーは、以下の行為をしてはならないとともに、お客様は企業・団体内ユーザーに対しても以下の行為をさせないようにするものとします。
(1) 法令又は公序良俗に違反すること。
(2) 本規約で明示的に許諾されている場合を除き、本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムの全部又は一部を複製すること。
(3) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムのトレース、デバッグ、リバース・エンジニアリング、逆アセンブル若しくは逆コンパイルを行うこと。
(4) 当社が別途承諾した場合を除き、有償・無償を問わず、本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムを第三者にリース、レンタル、譲渡、引用、再許諾、再販売その他の方法で利用させること。
(5) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムの表示又は当社若しくは原権利者の知的財産権に関する注意事項の表示を削除又は変更すること。
(6) 当社を含む第三者の信用若しくは名誉を侵害し又は第三者のプライバシー権、肖像権、知的財産権その他一切の権利を侵害すること。
(7) 本システムその他の本サービスに通常利用の範囲を超えて負担をかけること又は他のお客様による本サービスの利用に支障を生じさせること(コンピュータウイルス、マルウェアその他有害なコンピュータプログラム又はデータを送信又は掲載することを含みます)。
(8) 当社が別途承諾した場合を除き、本サービス、附属プログラム、又は本システムの全部若しくは一部を、有償・無償を問わず、業として又は付加価値サービスその他の第三者向けサービスの一環として、第三者に利用させること。
(9) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムを意図された利用方法外で利用すること。
(10) 附属プログラムの複数のバージョンを同一の端末において同時に利用すること。
(11) 第三者であるユーザー本人の同意を得ずに、当該ユーザーに関する個人情報及び取得情報を取得・閲覧等すること。
(12) 本規約に反する行為又は対象ドキュメントで禁じられている若しくは許容されていない態様で利用すること。
(13) お客様及びユーザーが当社の競合他社又はその委託を受けた者である場合に、本サービスを利用すること。
(14) 本サービス、当社の提供するその他のサービス又は製品の提供、運用を妨害する行為を行うこと。
(15) 本システムの一部を構成する各種サーバーに保存される情報等本サービスに関連する情報(取扱情報を含みます)を消去・改ざんし、又はこれを試みること。
(16) 当社のウェブサイト、サービス、関連するネットワークへの不正アクセス行為を行うこと。
(17) 第三者になりすまして本サービスを利用すること。
(18) 前号までの行為を、第三者をしてなさしめること、又はそのおそれのある行為を行うこと。
(19) その他、当社が不適切と判断する行為を行うこと。
2. 前項各号のいずれかに該当する違反があると当社が判断した場合、当社は、本サービスの利用停止、契約締結拒否、その他当社が必要と認める措置を行うことができるものとします。

第8条(本サービスの利用に伴う情報の取得・管理)
1. 本サービスの性質上、当社は、取扱情報を本システムに保存します。なお、企業・団体内ユーザーに関する取扱い情報については、お客様の委託のもとで本システムに保存します。
2. 当社は、本システムの一部を構成する各種サーバーの故障、本サービス停止時の復旧の便宜、データ障害防止等のために、バックアップの取得等取扱情報の複製をすることができるものとします。
3. 当社は、取扱情報には個人情報、秘密情報、営業秘密等の重要な情報が含まれる可能性があることを理解し、取扱情報を【附属】個人情報の取扱いに関する方針(プライバシーポリシー)に沿って必要な限度でのみ、閲覧、使用するとともに、第三者に対する漏洩、第三者からの不正アクセス等が生じないよう、適切な安全管理措置を講じます。
4. お客様は、取扱情報へのアクセス権者(以下「ネットワーク管理者」といいます)を定め、取扱情報を閲覧、利用することが、ユーザーの通信の秘密やプライバシー権侵害等を惹き起こす危険があることを認識し、適切に管理、運用するものとします。ネットワーク管理者は、正当な理由がある場合を除き、取扱情報を閲覧、利用してはならないものとします。
5. お客様は、ネットワーク管理者が、取扱情報を閲覧し又は利用することが可能であることについて、ユーザーに対し事前に十分な周知を行った上で理解を得るものとします。
6. お客様は、ユーザーの承諾を得た上で、当該ユーザーに関する取扱情報を閲覧、利用することができるものとしますが、当該ユーザーによる承諾の有無によらず、取扱情報に関するお客様と当該ユーザーとの間に発生する紛争を自らの責任及び負担において処理解決するものとします。
7. お客様及びユーザーは、本サービスの利用に当たって当社が必要とするお客様又はユーザーの各種情報(連絡先、電子メールアドレス、各種通信ログ、システムログ、設定ファイル等)を当社が必要最小限度の範囲において収集、閲覧する可能性があることにあらかじめ同意するものとします。
8. 当社は、取扱情報のうち、当社が定めた情報を、サービス利用許諾証書に定めた期間保持するものとします。
9. お客様は、個人情報の取得、利用、保存等の取扱いについて、個人情報保護法、EU一般データ保護規則その他、お客様に適用される個人情報、プライバシー、データ保護に関する法令(以上を合わせて以下「データ保護法令」といいます)を遵守します。お客様に適用されるデータ保護法令の違反によって生じた損害についてはお客様が一切の責任を負い、当社はこれを補填する義務や一切の責任を負わないものとします。
10. 企業・団体外ユーザーは、本サービスを利用するに当たり、当社及びお客様が当該企業・団体外ユーザーに関する取得情報を取得し、閲覧する可能性があることについて同意の上、本サービスを利用するものとします。

第9条(知的財産権等)
本サービス、対象プログラム、対象ドキュメントその他本サービスを構成する有形・無形の構成物(ソフトウェアプログラム、データベース、アイコン、画像、文章、マニュアル等の関連ドキュメント等を含みます)に関する一切の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利を受ける権利を含みます)を意味します。以下同じ)は、当社又は当社に利用を許諾した第三者に帰属します。

第10条(侵害の場合の責任)
1. 本契約に基づく本サービスの利用に関して、第三者からお客様又はユーザーに対して知的財産権に係るクレーム、紛争、その他の請求(以下「クレーム等」といいます)が発生した場合、お客様又はユーザーは直ちに当社に書面で通知するものとします。
2. 当社は、係るクレーム等の発生が当社の責めに帰すべき事由に基づく場合を除き、お客様又はユーザーと第三者との間で生じたクレーム等に関し一切の責任を負わないものとします。また、当社の責めに帰すべき事由に基づきクレーム等が発生した場合であっても、お客様又はユーザーが前項の規定に反し当社にクレーム等の発生を速やかに通知しない等の事由により、当社が適切な防御を行う機会を逸することになった場合は、当社は当該クレーム等に関して一切の責任を負わないものとします。

第11条(監査)
1. 当社は、14日前までに書面(電子メールを含みます)で通知することにより、お客様による本サービス又は附属プログラムの利用状況について、監査を行うことができるものとします。
2. お客様は、前項に基づく当社による監査に自らの費用で協力し、合理的な範囲内で助力及び情報を提供することに同意するものとします。
3. お客様は、本サービス又は附属プログラムの利用に関する文書を適切に管理、保存しなければならないものとします。
4. お客様は、第1項の監査の結果、お客様に許諾された範囲を超えて本サービス又は附属プログラムを利用していることが判明した場合、当該超過分の対価の倍額に相当する金銭を、当社の書面(電子メールを含みます)による通知から30日以内に当社指定の方法にて支払うものとします。

第12条(保証)
1. 当社は本サービスがその主要な点において対象ドキュメントに記載の機能を有することを確認していますが、当該確認にかかわらず、本サービス、附属プログラム又は本システムは現状有姿のまま、提供可能な限度でお客様に提供されるものであり、当社は、お客様及びユーザーに対して、本サービス、附属プログラム又は本システムに関して、動作保証、利用目的・機器等への適合性の保証、利用結果に関わる適格性若しくは信頼性の保証、第三者権利侵害の不存在に係る保証を含む、明示若しくは黙示の、一切の保証、表明、約束等を行わないものとします。
2. 前項の定めには、当社が、お客様又はユーザーに対して、本システムの一部を構成する各種サーバーに保存される情報等が消失しないことについての保証が行われていないことも含まれます。

第13条(トライアル)
1. 当社は、本サービスの有償での利用を検討することを目的に、一定期間に限って本サービスを利用することができるトライアルを提供する場合があります。トライアルの利用に当たっては、別段の定めがない限り本条のほか、本規約の各規定が適用されます。ただし、トライアルの利用に際して、本条と、本規約中の他の条項が矛盾抵触する場合は、本条の規定が優先して適用されます。
2. トライアルを利用するお客様は、当社が別途定める本サービスの機能を検証する目的にのみ利用し、当該目的以外での利用、正当に許諾されているライセンス数を超えた利用その他本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に抵触又は違反する利用をしてはならないものとします。
3. トライアルに関する第2条第1項の権利許諾の対価は原則として無償とします。
4. お客様は、当社が別途定めるトライアルの機能を、当社が別途承諾した日から原則として14日間(当社が別途指定した期間がある場合には当該期間)に限って利用することができるものとします。なお、当社は、当社の判断により、当該期間の終了日前に、お客様への通知をもって一方的にトライアルの利用を終了させることができるものとします。
5. お客様は、当社の事前の承諾を条件として、第三者に対してトライアルを利用させることができるものとします。ただし、お客様は、当該第三者によるトライアルの利用について当社に対して責任を負うものとします。
6. トライアルのお客様利用分と第5項の第三者利用分のライセンス数の合計は、当社からお客様に対して正当に許諾されているライセンス数を超過しないものとします。
7. 当社は、トライアルを利用するお客様に対して、一切のサポートを提供する義務を負わないものとします。
8. トライアルの利用又は利用不能によってお客様又は第三者に何らかの損害(事業利益の損失、事業の中断、データの損失その他金銭的損害を含みますが、これらに限られません)が生じたとしても、当社は、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとします。
9. 当社の説明若しくは指示又はトライアルの利用若しくは利用不能から生じる紛争(お客様と第三者との間の紛争を含みますが、これに限られません)について、当社は、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとし、お客様がその費用及び責任でそれを処理解決するものとします。
10. トライアルの利用を終了した時、トライアルを利用する権利は消滅するものとし、お客様は、附属プログラム又は対象ドキュメント及びその複製物の全てを削除し、当社の指示に従いその他の処分を行うものとします。
11. トライアルは現状有姿のまま、提供可能な限度でお客様に提供されるものであり、当社は、お客様に対して、トライアル又は本システムに関して、動作保証、利用目的・機器等への適合性の保証、利用結果に関わる適格性若しくは信頼性の保証、第三者権利侵害の不存在に係る保証、トライアルを利用したサービスの一部を構成する各種サーバーに保存される各種情報(権限情報、各種ログ等)等の保証を含む、明示又は黙示の、一切の保証、表明、約束等を行わないものとします。
12. トライアルを利用するお客様は、トライアルが予告なく停止する可能性が存在すること、取扱情報がトライアルの利用終了日後、当社の選択により消去され得ること、及びトライアルを用いて暗号化された電子データの復号が不可能になることにつきあらかじめ承諾するものとします。
13. トライアルを利用するお客様は、トライアルの不具合情報を当社に速やかに報告するものとし、また、当社の求めに応じてアンケートへの回答その他の必要な協力を行うものとします。なお、当社は、お客様の当該報告に係る不具合情報の有無にかかわらず、その不具合の解決若しくは修正又はその他の行為を行う義務を負わないものとします。
14. トライアルを利用するお客様は、利用終了日までに当社所定の手続を行うことで本サービスを継続して利用することができるものとします。

第14条(サポート)
1. 本サービスのシリアルナンバーごとに「デジタルアーツクラブ」への登録が行われるものとします。当該登録により、お客様と当社との間で「デジタルアーツクラブ」の会員契約が成立するものとします。当該会員契約成立をもって、当社は、会員特典として、自ら又は販売代理店若しくは当社が業務を委託した第三者を通じて、お客様に対して、第4条第1項の利用許諾期間中に限って、サポートを提供するものとします。なお、第4条第1項なお書きに従って利用許諾期間を延長した場合、サポートを受けられる期間も同期間に限って延長されるものとします。
2. 前項のサポートに係る料金は第5条第1項に定める本サービスの利用料金に含まれます。
3. お客様環境において附属プログラムに関して不具合が発生した場合、当社が提供するサポートは段階的に以下のとおりとします。(1)で不具合が解決した場合は、(2)のサポートは行いません。また、附属プログラムに関する不具合に対しては、ここに定める以外のサポートは一切行いません。また、特定のお客様向けにカスタマイズされた附属プログラムについて、当社は、お客様に対して、お客様の使用環境における動作検証及び当該使用環境において必要となる修正プログラムの適用を含む一切のサポートの提供を行わないものとします。ただし、個別にサポート契約を締結したお客様に関してはこの限りではありません。
(1) 回避方法がある場合はその提示
(2) 最新版において未対応の事象を原因とする不具合によりその障害が発生した場合は、原則として次版バージョンアップ版のリリースまでお待ちいただきます。ただし、前号の解決策を試したもののなお解決しないお客様に対してのみ、当社の判断により、例外的に最新版をベースに修正プログラム(以下「パッチ」といいます)の提供を行うことがあります。なお、左記パッチを提供するか否かの判断は、専ら当社に委ねられるものとし、当社にパッチ提供の義務があるものではありません。また、本号に基づき、当社からパッチの提供を受けたお客様は、パッチはあくまでも応急措置的なものであることを理解するものとします。
4. お客様は、サポートを提供するために当社が必要であると判断した、お客様又はユーザーの各種情報(各種通信ログ、システムログ、設定ファイル等)を、当社の求めに応じて、直ちに提供するものとします。
5. サポートの提供は、お客様が附属プログラムの最新版へアップデートしていることをその条件とします。当社は、第1項の定めにかかわらず、附属プログラムの最新版へのアップデート及び前項の提供を行わないお客様に対してサポートを提供する義務を負わないものとします。
6. 当社は、サポートの提供によりお客様に生じた問題の解決を図るものとしますが、当該問題の完全なる解決をお客様に保証するものではありません。
7. 当社は、ユーザーに対して、一切のサポートを提供する義務を負わないものとします。
8. シリアルナンバーは、当社における営業秘密にも該当するものであって、お客様はシリアルナンバーを第三者に開示したり公開してはならず、お客様における営業秘密と同等以上の注意をもって管理することとし、知る必要がある者以外には開示してはならないものとします。

第15条(サービスの中止・中断・制限)
1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの全部若しくは一部の提供を中止、中断又は制限(以下「中止等」といいます)することができるものとします。
(1) 本システムの保守、点検、工事等を行うとき。
(2) 本システム又は本サービスの不具合、第三者による本システムへの不正アクセス等により本サービスが利用できないとき。
(3) 火災、地震、水害、停電、天災地変、伝染病、本システムを構成する第三者のサービスの障害等の非常事態その他の不可抗力事由が発生したと当社が判断したとき。
(4) 法令又は官公庁の命令等による措置に基づき本サービスが利用できないとき。
(5) 本システムの基盤となっている第三者のサービスにおける通信・容量制限等が発生したとき又はそのおそれがあるとき。
(6) その他、当社又は本システムの管理者が必要であると判断した場合
2. 当社は、前項の規定により本サービスの全部若しくは一部の提供を中止等する場合、お客様に対して原則として事前に通知するものとします。やむを得ない場合には事後に通知します。
3. お客様及びユーザーは、第1項の中止等に関する当社からの指示があった場合、当該指示に従い直ちに必要な対応を実施するものとします。

第16条(サービスの廃止)
1. 当社は、本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。ただし、本サービスの全部を廃止するに当たっては、廃止しようとする日の3か月前までに、お客様及びユーザーに対して通知を行います。
2. 当社が予期し得ない事由又は法令・規則の制定・改廃その他天災等のやむを得ない事由によって本サービスを継続し得ず、前項の予告期間を設けることができない場合であっても、当社は可能な限り速やかにお客様及びユーザーに対して通知を行います。
3. 本条に基づいて本サービスの全部の廃止を行うときは、廃止の日をもって当然に本契約が終了するものとします。

第17条(利用契約の解除・終了)
1. 当社は、お客様又はユーザーが本規約の定め・条件に違反した場合、若しくはお客様又はユーザーが次の各号のいずれかに該当する場合、事前の催告なく本契約及びお客様又はユーザーと当社の間で締結した全ての契約の全部又は一部を一方的に終了させることができるものとします。
(1) 支払いを停止し、又は手形若しくは小切手を不渡りとしたとき。
(2) 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、又は特別清算開始等の申立があったとき。
(3) 仮差押、差押、仮処分又は競売等の申立があったとき。
(4) 合併、解散又は事業の全部若しくは重要な一部の譲渡又は廃止を決議したとき。
(5) 当社が提供するサービスの運営を妨害し、又は当社の名誉、信用を毀損したとき、又はそのおそれがあるとき。
(6) 第三者をして本サービスの利用に支障を及ぼす行為を行わせたとき、又はそのおそれがあるとき。
(7) お客様及びユーザーの登録情報に不実虚偽の記載又は重要な記入漏れがあったとき。
(8) お客様及びユーザーが本サービスの取扱いについて著作権法、特許法、不正アクセス禁止法、個人情報の保護に関する法律その他のお客様が遵守すべき法令規則に違反したとき、又はそのおそれがあるとき。
(9) その他当社がお客様及びユーザーに対して本サービスを継続して提供しがたい重大な背信的行為があったとき。
2. お客様及びユーザーは、本契約が終了した場合、本サービスを利用する権利は消滅し、附属プログラム及びその複製物の全てを削除し、当社の指示に従いその他の処分を行うものとします。
3. お客様は、本契約が終了した場合、本サービスの未払料金全額とその消費税額との合計金額を本契約の終了時から30日以内に支払うものとします。
4. 本契約の終了後(ユーザーの利用期間終了後、及びトライアルの利用終了後も同様とします)、お客様又はユーザーは、本システム又は当該各種サーバーに保存される各種情報が当社の選択により消去され得ること、及びお客様及び登録アカウントを利用する企業・団体内ユーザーは、管理画面の利用ができなくなることにつきあらかじめ承諾するものとします。
5. お客様及びユーザーは、本契約の終了後又は利用期間終了後は、FCLファイルの閲覧及び復号ができなくなることをあらかじめ承知しているものとします。当社は、お客様及びユーザーが利用期間終了後にFCLファイルを開けなくなったことについて、一切の責任を負いません。お客様及びユーザーは、必要があれば、自らの責任で、FCLファイルの元のファイルのバックアップを保存しておくものとします。
6. 理由の如何を問わず、本サービスの利用契約の終了後においても、第1条(定義)、第5条(料金)第3項及び第4項、第8条第6項及び第9項、第9条(知的財産権等)、第10条(侵害の場合の責任)、第12条(保証)、第13条(トライアル)第8項乃至第11項、第17条第2項乃至本項、第18条(機密保持義務)、第19条(責任の制限)、第21条(権利譲渡の禁止)、第23条(反社会的勢力)第3項及び第24条(その他の条件)その他性質上存続すべき事項は、本規約終了後も引き続き存続するものとします。

第18条(機密保持義務)
1. 本規約において「機密情報」とは、本規約に関連して、当社がお客様又はユーザーに対して書面(電子メールを含みます)、電磁的記録媒体、口頭その他の手段により開示した技術上若しくは販売上の情報(「サービス利用許諾証書」に記載される利用条件を含みます)、本サービス、附属プログラム、トライアル若しくは本システムに関する情報又は、該当する場合において、本規約の存在若しくは内容をいいます。ただし、次の各号に定める情報は機密情報に含まれません。
(1) お客様又はユーザーが開示を受けた時点で、既に公知であった情報
(2) お客様又はユーザーが開示を受けた後、お客様又はユーザーの責めによらず公知となった情報
(3) お客様又はユーザーが開示を受けた時点で、既にお客様又はユーザーが合法的に取得していた情報
(4) 機密情報によらずお客様又はユーザーが独自に開発した情報
(5) お客様又はユーザーが第三者より機密保持義務を課せられることなく合法的に提供された情報
2. お客様又はユーザーは、機密情報を当社の事前の書面(電子メールを含みます)等による承諾を得ることなく、第三者(当社の競合他社を含みますが、これに限られません)に開示、提供又は漏洩してはならず、附属プログラムの利用のために必要最小限度の範囲を超えて使用し又は複製してはなりません。
3. お客様又はユーザーは、当社の書面(電子メールを含みます)による承諾を得て機密情報を第三者に開示又は提供する場合、当該第三者に対して本規約における自己の義務と同等の義務を課し、かつ、これを遵守させるものとし、お客様又はユーザーは、当該第三者の一切の行為につき、責任を負うものとします。
4. お客様又はユーザーは、本規約が終了したとき又は当社が要求したときに、当社の選択に従い、速やかに機密情報(複製物を含みます)を当社に返還又は破棄(電磁的記録媒体の場合は消去)します。
5. お客様又はユーザーが保有する個人情報を当社が取り扱う際は、【附属】に従うものとします。

第19条(責任の制限)
1. 当社は、本サービス、附属プログラム又は本システムに関連して保証しないとされている事項、責任を負わないとしている事項については債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとします。
2. 当社は、本サービス、附属プログラムに関し、お客様による操作ミスに起因する損害、お客様又は第三者が設置、維持管理する機器装置の障害に起因する損害、第三者が提供するプログラムに起因する損害、コンピュータウイルス、ハッキングその他不正アクセス行為に起因する損害、お客様又はユーザーが用意した動作環境に起因する損害又は電気通信事業者、インターネット接続プロバイダー等の第三者に起因する損害については一切責任を負わないものとします。
3. お客様及びユーザーは、本サービスを自己の責任において利用するものとし、当社は、本システムの利用又は利用不能からお客様又はユーザーに生じる紛争(お客様又はユーザーと第三者との間の紛争を含みますが、これに限られません)について、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとし、お客様及びユーザーがその費用及び責任でそれを処理解決するものとします。
4. 当社が本サービス、附属プログラム又は本システムに関連して、当社の責めに帰すべき事由によってお客様又はユーザーに損害が生じた場合であっても、当社は当社に故意又は重過失がある場合にのみ損害賠償責任を負うものとします。この場合において、当社が負う賠償責任の範囲は、当該損害の原因行為の内容、回数にかかわらず、本サービスの利用に関してお客様又はユーザーが過去12か月間に支払った料金の合計額を上限とします。
5. 本規約において当社の責任を免除又は限定する規定が、民法、消費者契約法その他の法令により無効又は合意しなかったものとみなされた場合は、当社は、お客様又はユーザーに対して、お客様又はユーザーに実際に生じた直接的かつ現実の損害を賠償する責任を負うものとします。

第20条(通知)
お客様又はユーザーに下記の事象が発生じた場合には速やかに当社に通知するものとします。
(1) 支払停止
(2) 重要な財産又は本規約に基づき当社から交付を受けた財産についての仮差押、仮処分、差押又は強制執行手続の開始
(3) 解散決議又は破産手続、民事再生手続若しくは会社更生手続の開始若しくは特別清算開始の申立て
(4) 合併の決議

第21条(権利・義務の譲渡禁止)
1. お客様又はユーザーは、本規約で明示的に付与された権利を除き、本サービス、附属プログラム又は本システムに関する何らの権利も付与されるものではなく、また、本サービス、附属プログラム、本システムに関する全ての権利(知的財産権を含みますがこれに限られません)は当社又は原権利者が留保するものとします。
2. お客様又はユーザーは、本規約に定める場合以外、第三者に対して、本規約に基づく一切の権利又は義務について、第三者への譲渡、承継、担保供与その他一切の処分をしてはならないものとします。
3. 当社は、本規約上の当社の地位又は本規約に基づく当社の権利若しくは義務を第三者に移転又は譲渡することができるものとし、当該移転又は譲渡に必要な限りにおいて、お客様及びユーザーの情報並びに取扱情報を当該第三者に提供することができるものとします。

第22条(輸出管理)
1. 本サービス、附属プログラム、トライアル又は本システムの利用に関連して、お客様又はユーザーに輸出関連法規が適用されることがあります。お客様又はユーザーは、本サービス、附属プログラム、トライアル又は本システムの利用に当たり、輸出関連法規に従うことを保証します。
2. お客様又はユーザーは、当社に対し、データ、情報、プログラム(附属プログラムを含みます)により作成された資料又はそれらを利用した直接的製品が、輸出関連法規に違反して、直接又は間接であるかを問わず輸出されないこと、輸出関連法規で禁止されている用途(核兵器、化学兵器、生物兵器、ミサイル技術の開発、拡散を含みますが、これらに限られません)で利用されないことを保証します。

第23条(反社会的勢力)
1. お客様又はユーザーは、暴力団員等に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
(1) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること。
(2) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。
(3) 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。
(4) 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。
(5) その他暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。
2. お客様又はユーザーは、自ら又は第三者を利用して次の各号の一つにでも該当する行為を行わないことを確約します。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為
3. 当社は、お客様又はユーザーが前2項を含む本規約の定めに違反した場合、何ら通知・催告をすることなく、本契約その他契約の名称を問わずお客様又はユーザーと当社の間で締結した全ての契約の全部又は一部を直ちに解除できるものとし(当該一部の解除には会員特典のみの解除・提供中止を含みます)、これによりお客又はユーザーに損害、損失及び費用等が生じたとしても一切の責任を負わず、また、当社に損害、損失及び費用等が発生した場合には、お客様又はユーザーがその責任を負うものとします。

第24条(その他の条件)
1. 本規約は日本国の法(手続法を含みます)を準拠法とし、本契約により生じる紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
2. お客様又はユーザーは、本規約で明示的に言及された情報(ウェブサイト上で言及された情報を含みます)が、附属プログラム、本システムその他の本サービスに関するお客様又はユーザーと当社との間の合意の全てであり、本規約が、書面(電子メールを含みます)又は口頭であるかを問わず、本サービスに関わる過去の又は同時期になされた全ての合意や意思表示に優先することを了解します。
3. 本規約の条項のいずれかが無効又は執行不能であることが判明した場合、適用法令により許容される限度で当該条項は本規約の目的及び意図に沿った条文に置き換わるものとし、その他の条項は引き続き有効とします。
4. 本契約に関する通知その他本規約に定める当社からお客様に対する通知は、当社ウェブサイト上への掲示、書面、又は電子メールによる方法その他当社の定める方法によって行うものとします。通知は、当社からの発信によってその効力が生ずるものとします。
5. 本規約は日本語を正文とし、本規約につき日本語以外の言語による翻訳が作成される場合、当該翻訳はお客様の参考のために作成されるに過ぎず、日本語の正文のみが当社とお客様との間で効力を有するものとします。
6. 本規約に定めのない事項又は本規約の履行につき疑義を生じた場合には、お客様又はユーザーと当社で誠意をもって協議し円満解決を図るものとします。

2018年5月9日制定
2018年8月17日改定
2019年6月3日改定
DD-10413-001 2020年3月23 日改定

Desk@Cloud利用規約

本「Desk@Cloud利用規約」(以下「本規約」といいます)は、お客様(第1条に定義します)とデジタルアーツ株式会社(以下「当社」といいます)、又はユーザー(第1条に定義します)と当社の間で、お客様又はユーザーによる本サービス(第1条に定義します)の利用に当たり適用される利用条件であり、お客様又はユーザーが本規約の各条項及び本規約を契約の内容とすることに同意した場合にのみ、お客様と当社、又はユーザーと当社との間に、それぞれ本規約を内容とするDesk@Cloud利用契約(以下「本契約」といいます)が成立し、お客様又はユーザーは本サービスを利用することができます。お客様又はユーザーが本規約に同意しない場合は、本サービスの利用を中止し、附属プログラム(第1条に定義します)及びそれらの複製物の全てを削除しその他の処分を行うものとします。

第1条(定義)
本規約で使用する用語の定義は、以下のとおりとします。
(1) 「お客様」とは、本サービスの利用権を購入する個人又は団体をいいます。
(2) 「本サービス」とは、当社がお客様に提供するDesk@Cloudをいいます。
(3) 「本システム」とは、本サービスをお客様が利用するに当たって必要となる当社又は当社指定の第三者が構築及び管理するサーバー等のシステムをいいます。
(4) 「企業・団体内ユーザー」とは、お客様の役職員等、本サービスを現実に利用する個人をいいます。
(5) 「企業・団体外ユーザー」とは、お客様又は企業・団体内ユーザーから招待を受けて本サービスを現実に利用する個人をいいます。なお、企業・団体外ユーザーは、事業のために本サービスを利用されているものとみなします。
(6) 「ユーザー」とは、企業・団体外ユーザー及び企業・団体内ユーザーの総称をいいます。
(7) 「販売代理店」とは、本サービスを取り扱う当社の正規販売代理店をいいます。
(8) 「トライアル」とは、本サービスの有償契約の前段階における試用サービスをいいます。
(9) 「サービス利用許諾証書」とは、本サービスを利用するために必要となる情報が記載された当社発行に係る書面(電子データを含みます)をいいます。
(10) 「対象ドキュメント」とは、サービス利用許諾証書、本サービスのマニュアルその他本サービスに関連して当社又は販売代理店からお客様に提供される当社発行に係る書面(電子データを含みます)をいいます。
(11) 「附属プログラム」とは、本サービスの利用に付随するソフトウェア製品(DigitalArts@Cloud Agentを含みますがこれに限られません)及び対象ドキュメントをいいます。
(12) 「サポート」とは、本サービスの問合せ対応、当社が必要と判断して行う本サービスのバージョンアップ、当社が必要と判断して行う附属プログラムの修正プログラムの適用を含むバージョンアップ版の提供及び最新の対象ドキュメントの提供その他当社が別途定めるお客様に対して提供するサービスをいいます。
(13) 「暴力団員等」とは、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。
(14) 「輸出関連法規」とは、各国の輸出に関する法令及び規制(みなし輸出及びみなし再輸出に関する規制を含みます)をいいます。
(15) 「取扱情報」とは、お客様による本サービスの利用に伴って、本サービス中に蓄積・保存される個人情報を含む可能性がある情報であって、そのうち下の表に掲げるものをいいます。
(16) 「本契約」とは、本規約を内容とする当社とお客様との間の本サービスの利用に係る契約をいいます。
(17) 「個人情報保護法」とは、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)を意味します。
(18) 「個人情報」とは、個人情報保護法第2条第1項に定める個人情報を意味します。

取扱情報

各ユーザーのIPアドレス
各ユーザーのメールアドレス
本サービスを利用して送信されたテキストチャットの文字列
本サービスを利用して送信されたファイル
本サービスを利用して送信された画像・動画等

第2条(権利許諾)
1. 当社は、お客様に対して、日本国内において、本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に従い、当該条項及び条件のお客様による遵守を条件に、お客様が利用を申し込んだ本サービスを利用するための非独占的、譲渡不能かつ再利用許諾不能の権利を許諾します。
2. 当社は、企業・団体内ユーザーに対して、日本国内において、本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に従い、当該条項及び条件の遵守を条件に、企業・団体内ユーザーに当社が認めた本サービスの機能を利用する非独占的、譲渡不能かつ再利用許諾不能の権利を許諾します。
3. 当社は、企業・団体外ユーザーに対して、日本国内において、本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に従い、当該条項及び条件の遵守を条件に、企業・団体外ユーザーに当社が認めた本サービスの機能を利用する非独占的、譲渡不能かつ再利用許諾不能の権利を許諾します。
4. お客様又はユーザーは、本サービス又は附属プログラムの利用に必要となる動作環境(情報機器、各種ソフトウェア、各種ライセンス、通信手段等)を、自らの責任と費用で準備するものとします。本サービス又は附属プログラムの利用に必要となる動作環境は、当社が別途指定するものに限ります。
5. 当社は、本サービスを別途当社が定めるSLOに定める品質・基準をもって提供するよう努めます。ただし当該基準は当社の努力目標を定めたものであって、当社はこれを達成することを保証するものではありません。
6. 当社は、本サービスの提供に関する業務の全部又は一部を当社の裁量にて第三者に委託することができます。ただし、その場合、当社は責任をもって当該委託先を管理します。

第3条(本規約の適用)
1. 当社は、本規約の内容に従って本サービスを提供し、お客様及びユーザーは本規約の内容にてこれを利用します。
2. サービス利用許諾証書及び本規約の【附属】は本規約の一部を構成します。これらの文書が本規約の内容と矛盾抵触するときは、これらの文書において特段の留保がない限り、サービス利用許諾証書及び本規約の【附属】の内容を優先的に適用します。

第4条(利用許諾期間)
1. お客様及び企業・団体内ユーザーは、本サービスをサービス利用許諾証書に記載された利用許諾期間に限って利用することができるものとします。なお、お客様は、利用許諾期間満了日までに当社所定の更新手続を行うことで、利用許諾期間を延長することができます。また、月単位での利用について、当社所定の期日までに解約手続を行わなかった場合、本契約は1か月ごとに自動的に更新されます。
2. 本契約に従うことを条件として、企業・団体外ユーザーは、当該ユーザーに当社が認めた本サービスの機能を、当該機能の利用開始時から利用終了時又は当社が当該ユーザーの利用を中止した時のいずれか早い時まで利用することができるものとします。

第5条(料金)
1. お客様は、前条第1項の利用許諾期間中、当社又は販売代理店を通して、第2条の権利許諾及び第14条のサポートの対価として、所定の金額を所定の期限までに支払うことが必要となります。
2. 利用しているライセンスの数が、お客様に正当に許諾されている数を超過し得る場合は、お客様は追加ライセンスの購入等、客観的に妥当な手段をとるものとします。
3. 当社は、本条に基づいて支払われた対価を、第19条に定める場合を除いてお客様に返還する義務を負いません。
4. お客様が、第1項に定める料金を、当社所定の支払期日が過ぎても支払わない場合、お客様は当社に対し、所定の支払期日の翌日から支払日の前日までの日数に、年14.6%の利率で計算した金額を遅延損害金として支払うものとします。

第6条(サービス及び規約の変更)
1. 当社は、お客様及びユーザーへの予告なく必要に応じて本サービスの内容を変更(機能の追加、性能の向上に限られません。以下同じ)することがあります。当社は、お客様及びユーザーに対し、要望に応じて本サービスの内容を変更する義務を負いません。
2. 当社は、お客様及びユーザーの一般の利益に適合する場合のほか、社会情勢、経済事情、税制の変動等の諸般の状況の変化、法令の変更、本サービスに関する実情の変化その他相当の事由があると認められる場合には、本サービスを提供する目的の範囲内で、前条に定める料金の額、本サービスの内容その他本規約の内容(以上を合わせて以下「本規約の内容等」といいます)を変更できるものとします。
3. 当社は、前項の定めに基づいて本規約の内容等の変更を行う場合は、変更後の利用規約の内容を、当社ウェブサイト上に表示する方法又は当社の定める方法により通知する方法でお客様及びユーザーに周知するものとし、この周知の際に定める相当な期間を経過した日から、変更後の利用規約は適用されるものとします。

第7条(権利及び制限)
1. お客様及びユーザーは、以下の行為をしてはならないとともに、お客様は企業・団体内ユーザーに対しても以下の行為をさせないようにするものとします。
(1) 法令又は公序良俗に違反すること。
(2) 本規約で明示的に許諾されている場合を除き、本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムの全部又は一部を複製すること。
(3) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムのトレース、デバッグ、リバース・エンジニアリング、逆アセンブル若しくは逆コンパイルを行うこと。
(4) 当社が別途承諾した場合を除き、有償・無償を問わず、本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムを第三者にリース、レンタル、譲渡、引用、再許諾、再販売その他の方法で利用させること。
(5) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムの表示又は当社若しくは原権利者の知的財産権に関する注意事項の表示を削除又は変更すること。
(6) 当社を含む第三者の信用若しくは名誉を侵害し又は第三者のプライバシー権、肖像権、知的財産権その他一切の権利を侵害すること。
(7) 本システムその他の本サービスに通常利用の範囲を超えて負担をかけること又は他のお客様による本サービスの利用に支障を生じさせること(コンピュータウイルス、マルウェアその他有害なコンピュータプログラム又はデータを送信又は掲載することを含みます)。
(8) 当社が別途承諾した場合を除き、本サービス、附属プログラム、又は本システムの全部若しくは一部を、有償・無償を問わず、業として又は付加価値サービスその他の第三者向けサービスの一環として、第三者に利用させること。
(9) 本サービスを構成するソフトウェア又は附属プログラムを意図された利用方法外で利用すること。
(10) 附属プログラムの複数のバージョンを同一の端末において同時に利用すること。
(11) 第三者であるユーザー本人の同意を得ずに、当該ユーザーに関する個人情報及び取得情報を取得・閲覧等すること。
(12) 本規約に反する行為又は対象ドキュメントで禁じられている若しくは許容されていない態様で利用すること。
(13) お客様及びユーザーが当社の競合他社又はその委託を受けた者である場合に、本サービスを利用すること。
(14) 本サービス、当社の提供するその他のサービス又は製品の提供、運用を妨害する行為を行うこと。
(15) 本システムの一部を構成する各種サーバーに保存される情報等本サービスに関連する情報(取扱情報を含みます)を消去・改ざんし、又はこれを試みること。
(16) 当社のウェブサイト、サービス、関連するネットワークへの不正アクセス行為を行うこと。
(17) 第三者になりすまして本サービスを利用すること。
(18) 前号までの行為を、第三者をしてなさしめること、又はそのおそれのある行為を行うこと。
(19) その他、当社が不適切と判断する行為を行うこと。
2. 前項各号のいずれかに該当する違反があると当社が判断した場合、当社は、本サービスの利用停止、契約締結拒否、その他当社が必要と認める措置を行うことができるものとします。

第8条(本サービスの利用に伴う情報の取得・管理)
1. 本サービスの性質上、当社は、取扱情報を本システムに保存します。なお、企業・団体内ユーザーに関する取扱い情報については、お客様の委託のもとで本システムに保存します。
2. 当社は、本システムの一部を構成する各種サーバーの故障、本サービス停止時の復旧の便宜、データ障害防止等のために、バックアップの取得等取扱情報の複製をすることができるものとします。
3. 当社は、取扱情報には個人情報、秘密情報、営業秘密等の重要な情報が含まれる可能性があることを理解し、取扱情報を【附属】個人情報の取扱いに関する方針(プライバシーポリシー)に沿って必要な限度でのみ、閲覧、使用するとともに、第三者に対する漏洩、第三者からの不正アクセス等が生じないよう、適切な安全管理措置を講じます。
4. お客様は、取扱情報へのアクセス権者(以下「ネットワーク管理者」といいます)を定め、取扱情報を閲覧、利用することが、ユーザーの通信の秘密やプライバシー権侵害等を惹き起こす危険があることを認識し、適切に管理、運用するものとします。ネットワーク管理者は、正当な理由がある場合を除き、取扱情報を閲覧、利用してはならないものとします。
5. お客様は、ネットワーク管理者が、取扱情報を閲覧し又は利用することが可能であることについて、ユーザーに対し事前に十分な周知を行った上で理解を得るものとします。
6. お客様は、ユーザーの承諾を得た上で、当該ユーザーに関する取扱情報を閲覧、利用することができるものとしますが、当該ユーザーによる承諾の有無によらず、取扱情報に関するお客様と当該ユーザーとの間に発生する紛争を自らの責任及び負担において処理解決するものとします。
7. お客様及びユーザーは、本サービスの利用に当たって当社が必要とするお客様又はユーザーの各種情報(連絡先、電子メールアドレス、各種通信ログ、システムログ、設定ファイル等)を当社が必要最小限度の範囲において収集、閲覧する可能性があることにあらかじめ同意するものとします。
8. 当社は、取扱情報のうち、当社が定めた情報を、サービス利用許諾証書に定めた期間保持するものとします。
9. お客様は、個人情報の取得、利用、保存等の取扱いについて、個人情報保護法、EU一般データ保護規則その他、お客様に適用される個人情報、プライバシー、データ保護に関する法令(以上を合わせて以下「データ保護法令」といいます)を遵守します。お客様に適用されるデータ保護法令の違反によって生じた損害についてはお客様が一切の責任を負い、当社はこれを補填する義務や一切の責任を負わないものとします。
10. 企業・団体外ユーザーは、本サービスを利用するに当たり、当社及びお客様が当該企業・団体外ユーザーに関する取得情報を取得し、閲覧する可能性があることについて同意の上、本サービスを利用するものとします。

第9条(知的財産権等)
本サービス、対象プログラム、対象ドキュメントその他本サービスを構成する有形・無形の構成物(ソフトウェアプログラム、データベース、アイコン、画像、文章、マニュアル等の関連ドキュメント等を含みます)に関する一切の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利を受ける権利を含みます)を意味します。以下同じ)は、当社又は当社に利用を許諾した第三者に帰属します。

第10条(侵害の場合の責任)
1. 本契約に基づく本サービスの利用に関して、第三者からお客様又はユーザーに対して知的財産権に係るクレーム、紛争、その他の請求(以下「クレーム等」といいます)が発生した場合、お客様又はユーザーは直ちに当社に書面で通知するものとします。
2. 当社は、係るクレーム等の発生が当社の責めに帰すべき事由に基づく場合を除き、お客様又はユーザーと第三者との間で生じたクレーム等に関し一切の責任を負わないものとします。また、当社の責めに帰すべき事由に基づきクレーム等が発生した場合であっても、お客様又はユーザーが前項の規定に反し当社にクレーム等の発生を速やかに通知しない等の事由により、当社が適切な防御を行う機会を逸することになった場合は、当社は当該クレーム等に関して一切の責任を負わないものとします。

第11条(監査)
1. 当社は、14日前までに書面(電子メールを含みます)で通知することにより、お客様による本サービス又は附属プログラムの利用状況について、監査を行うことができるものとします。
2. お客様は、前項に基づく当社による監査に自らの費用で協力し、合理的な範囲内で助力及び情報を提供することに同意するものとします。
3. お客様は、本サービス又は附属プログラムの利用に関する文書を適切に管理、保存しなければならないものとします。
4. お客様は、第1項の監査の結果、お客様に許諾された範囲を超えて本サービス又は附属プログラムを利用していることが判明した場合、当該超過分の対価の倍額に相当する金銭を、当社の書面(電子メールを含みます)による通知から30日以内に当社指定の方法にて支払うものとします。

第12条(保証)
1. 当社は本サービスがその主要な点において対象ドキュメントに記載の機能を有することを確認していますが、当該確認にかかわらず、本サービス、附属プログラム又は本システムは現状有姿のまま、提供可能な限度でお客様に提供されるものであり、当社は、お客様及びユーザーに対して、本サービス、附属プログラム又は本システムに関して、動作保証、利用目的・機器等への適合性の保証、利用結果に関わる適格性若しくは信頼性の保証、第三者権利侵害の不存在に係る保証を含む、明示若しくは黙示の、一切の保証、表明、約束等を行わないものとします。
2. 前項の定めには、当社が、お客様又はユーザーに対して、本システムの一部を構成する各種サーバーに保存される情報等が消失しないことについての保証が行われていないことも含まれます。

第13条(トライアル)
1. 当社は、本サービスの有償での利用を検討することを目的に、一定期間に限って本サービスを利用することができるトライアルを提供する場合があります。トライアルの利用に当たっては、別段の定めがない限り本条のほか、本規約の各規定が適用されます。ただし、トライアルの利用に際して、本条と、本規約中の他の条項が矛盾抵触する場合は、本条の規定が優先して適用されます。
2. トライアルを利用するお客様は、当社が別途定める本サービスの機能を検証する目的にのみ利用し、当該目的以外での利用、正当に許諾されているライセンス数を超えた利用その他本規約と対象ドキュメントの双方又はいずれかに明記された条項及び条件に抵触又は違反する利用をしてはならないものとします。
3. トライアルに関する第2条第1項の権利許諾の対価は原則として無償とします。
4. お客様は、当社が別途定めるトライアルの機能を、当社が別途承諾した日から原則として14日間(当社が別途指定した期間がある場合には当該期間)に限って利用することができるものとします。なお、当社は、当社の判断により、当該期間の終了日前に、お客様への通知をもって一方的にトライアルの利用を終了させることができるものとします。
5. お客様は、当社の事前の承諾を条件として、第三者に対してトライアルを利用させることができるものとします。ただし、お客様は、当該第三者によるトライアルの利用について当社に対して責任を負うものとします。
6. トライアルのお客様利用分と第5項の第三者利用分のライセンス数の合計は、当社からお客様に対して正当に許諾されているライセンス数を超過しないものとします。
7. 当社は、トライアルを利用するお客様に対して、一切のサポートを提供する義務を負わないものとします。
8. トライアルの利用又は利用不能によってお客様又は第三者に何らかの損害(事業利益の損失、事業の中断、データの損失その他金銭的損害を含みますが、これらに限られません)が生じたとしても、当社は、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとします。
9. 当社の説明若しくは指示又はトライアルの利用若しくは利用不能から生じる紛争(お客様と第三者との間の紛争を含みますが、これに限られません)について、当社は、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとし、お客様がその費用及び責任でそれを処理解決するものとします。
10. トライアルの利用を終了した時、トライアルを利用する権利は消滅するものとし、お客様は、附属プログラム又は対象ドキュメント及びその複製物の全てを削除し、当社の指示に従いその他の処分を行うものとします。
11. トライアルは現状有姿のまま、提供可能な限度でお客様に提供されるものであり、当社は、お客様に対して、トライアル又は本システムに関して、動作保証、利用目的・機器等への適合性の保証、利用結果に関わる適格性若しくは信頼性の保証、第三者権利侵害の不存在に係る保証、トライアルを利用したサービスの一部を構成する各種サーバーに保存される各種情報(権限情報、各種ログ等)等の保証を含む、明示又は黙示の、一切の保証、表明、約束等を行わないものとします。
12. トライアルを利用するお客様は、トライアルが予告なく停止する可能性が存在すること、取扱情報がトライアルの利用終了日後、当社の選択により消去され得ることにつきあらかじめ承諾するものとします。
13. トライアルを利用するお客様は、トライアルの不具合情報を当社に速やかに報告するものとし、また、当社の求めに応じてアンケートへの回答その他の必要な協力を行うものとします。なお、当社は、お客様の当該報告に係る不具合情報の有無にかかわらず、その不具合の解決若しくは修正又はその他の行為を行う義務を負わないものとします。
14. トライアルを利用するお客様は、利用終了日までに当社所定の手続を行うことで本サービスを継続して利用することができるものとします。

第14条(サポート)
1. 本サービスのシリアルナンバーごとに「デジタルアーツクラブ」への登録が行われるものとします。当該登録により、お客様と当社との間で「デジタルアーツクラブ」の会員契約が成立するものとします。当該会員契約成立をもって、当社は、会員特典として、自ら又は販売代理店若しくは当社が業務を委託した第三者を通じて、お客様に対して、第4条第1項の利用許諾期間中に限って、サポートを提供するものとします。なお、第4条第1項なお書きに従って利用許諾期間を延長した場合、サポートを受けられる期間も同期間に限って延長されるものとします。
2. 前項のサポートに係る料金は第5条第1項に定める本サービスの利用料金に含まれます。
3. お客様環境において附属プログラムに関して不具合が発生した場合、当社が提供するサポートは段階的に以下のとおりとします。(1)で不具合が解決した場合は、(2)のサポートは行いません。また、附属プログラムに関する不具合に対しては、ここに定める以外のサポートは一切行いません。また、特定のお客様向けにカスタマイズされた附属プログラムについて、当社は、お客様に対して、お客様の使用環境における動作検証及び当該使用環境において必要となる修正プログラムの適用を含む一切のサポートの提供を行わないものとします。ただし、個別にサポート契約を締結したお客様に関してはこの限りではありません。
(1) 回避方法がある場合はその提示
(2) 最新版において未対応の事象を原因とする不具合によりその障害が発生した場合は、原則として次版バージョンアップ版のリリースまでお待ちいただきます。ただし、前号の解決策を試したもののなお解決しないお客様に対してのみ、当社の判断により、例外的に最新版をベースに修正プログラム(以下「パッチ」といいます)の提供を行うことがあります。なお、左記パッチを提供するか否かの判断は、専ら当社に委ねられるものとし、当社にパッチ提供の義務があるものではありません。また、本号に基づき、当社からパッチの提供を受けたお客様は、パッチはあくまでも応急措置的なものであることを理解するものとします。
4. お客様は、サポートを提供するために当社が必要であると判断した、お客様又はユーザーの各種情報(各種通信ログ、システムログ、設定ファイル等)を、当社の求めに応じて、直ちに提供するものとします。
5. サポートの提供は、お客様が附属プログラムの最新版へアップデートしていることをその条件とします。当社は、第1項の定めにかかわらず、附属プログラムの最新版へのアップデート及び前項の提供を行わないお客様に対してサポートを提供する義務を負わないものとします。
6. 当社は、サポートの提供によりお客様に生じた問題の解決を図るものとしますが、当該問題の完全なる解決をお客様に保証するものではありません。
7. 当社は、ユーザーに対して、一切のサポートを提供する義務を負わないものとします。
8. シリアルナンバーは、当社における営業秘密にも該当するものであって、お客様はシリアルナンバーを第三者に開示したり公開してはならず、お客様における営業秘密と同等以上の注意をもって管理することとし、知る必要がある者以外には開示してはならないものとします。

第15条(サービスの中止・中断・制限)
1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの全部若しくは一部の提供を中止、中断又は制限(以下「中止等」といいます)することができるものとします。
(1) 本システムの保守、点検、工事等を行うとき。
(2) 本システム又は本サービスの不具合、第三者による本システムへの不正アクセス等により本サービスが利用できないとき。
(3) 火災、地震、水害、停電、天災地変、伝染病、本システムを構成する第三者のサービスの障害等の非常事態その他の不可抗力事由が発生したと当社が判断したとき。
(4) 法令又は官公庁の命令等による措置に基づき本サービスが利用できないとき。
(5) 本システムの基盤となっている第三者のサービスにおける通信・容量制限等が発生したとき又はそのおそれがあるとき。
(6) その他、当社又は本システムの管理者が必要であると判断した場合
2. 当社は、前項の規定により本サービスの全部若しくは一部の提供を中止等する場合、お客様に対して原則として事前に通知するものとします。やむを得ない場合には事後に通知します。
3. お客様及びユーザーは、第1項の中止等に関する当社からの指示があった場合、当該指示に従い直ちに必要な対応を実施するものとします。

第16条(サービスの廃止)
1. 当社は、本サービスの全部又は一部を廃止することがあります。ただし、本サービスの全部を廃止するに当たっては、廃止しようとする日の3か月前までに、お客様及びユーザーに対して通知を行います。
2. 当社が予期し得ない事由又は法令・規則の制定・改廃その他天災等のやむを得ない事由によって本サービスを継続し得ず、前項の予告期間を設けることができない場合であっても、当社は可能な限り速やかにお客様及びユーザーに対して通知を行います。
3. 本条に基づいて本サービスの全部の廃止を行うときは、廃止の日をもって当然に本契約が終了するものとします。

第17条(利用契約の解除・終了)
1. 当社は、お客様又はユーザーが本規約の定め・条件に違反した場合、若しくはお客様又はユーザーが次の各号のいずれかに該当する場合、事前の催告なく本契約及びお客様又はユーザーと当社の間で締結した全ての契約の全部又は一部を一方的に終了させることができるものとします。
(1) 支払いを停止し、又は手形若しくは小切手を不渡りとしたとき。
(2) 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、又は特別清算開始等の申立があったとき。
(3) 仮差押、差押、仮処分又は競売等の申立があったとき。
(4) 合併、解散又は事業の全部若しくは重要な一部の譲渡又は廃止を決議したとき。
(5) 当社が提供するサービスの運営を妨害し、又は当社の名誉、信用を毀損したとき、又はそのおそれがあるとき。
(6) 第三者をして本サービスの利用に支障を及ぼす行為を行わせたとき、又はそのおそれがあるとき。
(7) お客様及びユーザーの登録情報に不実虚偽の記載又は重要な記入漏れがあったとき。
(8) お客様及びユーザーが本サービスの取扱いについて著作権法、特許法、不正アクセス禁止法、個人情報の保護に関する法律その他のお客様が遵守すべき法令規則に違反したとき、又はそのおそれがあるとき。
(9) その他当社がお客様及びユーザーに対して本サービスを継続して提供しがたい重大な背信的行為があったとき。
2. お客様及びユーザーは、本契約が終了した場合、本サービスを利用する権利は消滅し、附属プログラム及びその複製物の全てを削除し、当社の指示に従いその他の処分を行うものとします。
3. お客様は、本契約が終了した場合、本サービスの未払料金全額とその消費税額との合計金額を本契約の終了時から30日以内に支払うものとします。
4. 本契約の終了後(ユーザーの利用期間終了後、及びトライアルの利用終了後も同様とします)、お客様又はユーザーは、本システム又は当該各種サーバーに保存される各種情報が当社の選択により消去され得ることにつきあらかじめ承諾するものとします。
5. 理由の如何を問わず、本サービスの利用契約の終了後においても、第1条(定義)、第5条(料金)第3項及び第4項、第8条第6項及び第9項、第9条(知的財産権等)、第10条(侵害の場合の責任)、第12条(保証)、第13条(トライアル)第8項乃至第11項、第17条第2項乃至本項、第18条(機密保持義務)、第19条(責任の制限)、第21条(権利譲渡の禁止)、第23条(反社会的勢力)第3項及び第24条(その他の条件)その他性質上存続すべき事項は、本規約終了後も引き続き存続するものとします。

第18条(機密保持義務)
1. 本規約において「機密情報」とは、本規約に関連して、当社がお客様又はユーザーに対して書面(電子メールを含みます)、電磁的記録媒体、口頭その他の手段により開示した技術上若しくは販売上の情報(「サービス利用許諾証書」に記載される利用条件を含みます)、本サービス、附属プログラム、トライアル若しくは本システムに関する情報又は、該当する場合において、本規約の存在若しくは内容をいいます。ただし、次の各号に定める情報は機密情報に含まれません。
(1) お客様又はユーザーが開示を受けた時点で、既に公知であった情報
(2) お客様又はユーザーが開示を受けた後、お客様又はユーザーの責めによらず公知となった情報
(3) お客様又はユーザーが開示を受けた時点で、既にお客様又はユーザーが合法的に取得していた情報
(4) 機密情報によらずお客様又はユーザーが独自に開発した情報
(5) お客様又はユーザーが第三者より機密保持義務を課せられることなく合法的に提供された情報
2. お客様又はユーザーは、機密情報を当社の事前の書面(電子メールを含みます)等による承諾を得ることなく、第三者(当社の競合他社を含みますが、これに限られません)に開示、提供又は漏洩してはならず、附属プログラムの利用のために必要最小限度の範囲を超えて使用し又は複製してはなりません。
3. お客様又はユーザーは、当社の書面(電子メールを含みます)による承諾を得て機密情報を第三者に開示又は提供する場合、当該第三者に対して本規約における自己の義務と同等の義務を課し、かつ、これを遵守させるものとし、お客様又はユーザーは、当該第三者の一切の行為につき、責任を負うものとします。
4. お客様又はユーザーは、本規約が終了したとき又は当社が要求したときに、当社の選択に従い、速やかに機密情報(複製物を含みます)を当社に返還又は破棄(電磁的記録媒体の場合は消去)します。
5. お客様又はユーザーが保有する個人情報を当社が取り扱う際は、【附属】に従うものとします。

第19条(責任の制限)
1. 当社は、本サービス、附属プログラム又は本システムに関連して保証しないとされている事項、責任を負わないとしている事項については債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとします。
2. 当社は、本サービス、附属プログラムに関し、お客様による操作ミスに起因する損害、お客様又は第三者が設置、維持管理する機器装置の障害に起因する損害、第三者が提供するプログラムに起因する損害、コンピュータウイルス、ハッキングその他不正アクセス行為に起因する損害、お客様又はユーザーが用意した動作環境に起因する損害又は電気通信事業者、インターネット接続プロバイダー等の第三者に起因する損害については一切責任を負わないものとします。
3. お客様及びユーザーは、本サービスを自己の責任において利用するものとし、当社は、本システムの利用又は利用不能からお客様又はユーザーに生じる紛争(お客様又はユーザーと第三者との間の紛争を含みますが、これに限られません)について、債務不履行責任、不法行為責任、その他法律上の請求原因のいかんを問わず、また、損害の発生の予見可能性の有無を問わず、一切責任を負わないものとし、お客様及びユーザーがその費用及び責任でそれを処理解決するものとします。
4. 当社が本サービス、附属プログラム又は本システムに関連して、当社の責めに帰すべき事由によってお客様又はユーザーに損害が生じた場合であっても、当社は当社に故意又は重過失がある場合にのみ損害賠償責任を負うものとします。この場合において、当社が負う賠償責任の範囲は、当該損害の原因行為の内容、回数にかかわらず、本サービスの利用に関してお客様又はユーザーが過去12か月間に支払った料金の合計額を上限とします。
5. 本規約において当社の責任を免除又は限定する規定が、民法、消費者契約法その他の法令により無効又は合意しなかったものとみなされた場合は、当社は、お客様又はユーザーに対して、お客様又はユーザーに実際に生じた直接的かつ現実の損害を賠償する責任を負うものとします。

第20条(通知)
お客様又はユーザーに下記の事象が発生じた場合には速やかに当社に通知するものとします。
(1) 支払停止
(2) 重要な財産又は本規約に基づき当社から交付を受けた財産についての仮差押、仮処分、差押又は強制執行手続の開始
(3) 解散決議又は破産手続、民事再生手続若しくは会社更生手続の開始若しくは特別清算開始の申立て
(4) 合併の決議

第21条(権利・義務の譲渡禁止)
1. お客様又はユーザーは、本規約で明示的に付与された権利を除き、本サービス、附属プログラム又は本システムに関する何らの権利も付与されるものではなく、また、本サービス、附属プログラム、本システムに関する全ての権利(知的財産権を含みますがこれに限られません)は当社又は原権利者が留保するものとします。
2. お客様又はユーザーは、本規約に定める場合以外、第三者に対して、本規約に基づく一切の権利又は義務について、第三者への譲渡、承継、担保供与その他一切の処分をしてはならないものとします。
3. 当社は、本規約上の当社の地位又は本規約に基づく当社の権利若しくは義務を第三者に移転又は譲渡することができるものとし、当該移転又は譲渡に必要な限りにおいて、お客様及びユーザーの情報並びに取扱情報を当該第三者に提供することができるものとします。

第22条(輸出管理)
1. 本サービス、附属プログラム、トライアル又は本システムの利用に関連して、お客様又はユーザーに輸出関連法規が適用されることがあります。お客様又はユーザーは、本サービス、附属プログラム、トライアル又は本システムの利用に当たり、輸出関連法規に従うことを保証します。
2. お客様又はユーザーは、当社に対し、データ、情報、プログラム(附属プログラムを含みます)により作成された資料又はそれらを利用した直接的製品が、輸出関連法規に違反して、直接又は間接であるかを問わず輸出されないこと、輸出関連法規で禁止されている用途(核兵器、化学兵器、生物兵器、ミサイル技術の開発、拡散を含みますが、これらに限られません)で利用されないことを保証します。

第23条(反社会的勢力)
1. お客様又はユーザーは、暴力団員等に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
(1) 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること。
(2) 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。
(3) 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。
(4) 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。
(5) その他暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。
2. お客様又はユーザーは、自ら又は第三者を利用して次の各号の一つにでも該当する行為を行わないことを確約します。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為
3. 当社は、お客様又はユーザーが前2項を含む本規約の定めに違反した場合、何ら通知・催告をすることなく、本契約その他契約の名称を問わずお客様又はユーザーと当社の間で締結した全ての契約の全部又は一部を直ちに解除できるものとし(当該一部の解除には会員特典のみの解除・提供中止を含みます)、これによりお客又はユーザーに損害、損失及び費用等が生じたとしても一切の責任を負わず、また、当社に損害、損失及び費用等が発生した場合には、お客様又はユーザーがその責任を負うものとします。

第24条(その他の条件)
1. 本規約は日本国の法(手続法を含みます)を準拠法とし、本契約により生じる紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
2. お客様又はユーザーは、本規約で明示的に言及された情報(ウェブサイト上で言及された情報を含みます)が、附属プログラム、本システムその他の本サービスに関するお客様又はユーザーと当社との間の合意の全てであり、本規約が、書面(電子メールを含みます)又は口頭であるかを問わず、本サービスに関わる過去の又は同時期になされた全ての合意や意思表示に優先することを了解します。
3. 本規約の条項のいずれかが無効又は執行不能であることが判明した場合、適用法令により許容される限度で当該条項は本規約の目的及び意図に沿った条文に置き換わるものとし、その他の条項は引き続き有効とします。
4. 本契約に関する通知その他本規約に定める当社からお客様に対する通知は、当社ウェブサイト上への掲示、書面、又は電子メールによる方法その他当社の定める方法によって行うものとします。通知は、当社からの発信によってその効力が生ずるものとします。
5. 本規約は日本語を正文とし、本規約につき日本語以外の言語による翻訳が作成される場合、当該翻訳はお客様の参考のために作成されるに過ぎず、日本語の正文のみが当社とお客様との間で効力を有するものとします。
6. 本規約に定めのない事項又は本規約の履行につき疑義を生じた場合には、お客様又はユーザーと当社で誠意をもって協議し円満解決を図るものとします。

2018年5月9日制定
2018年8月17日改定
2019年6月3日改定
DD-10413-001 2020年3月23 日改定

【附属】個人情報の取扱いに関する方針(プライバシーポリシー)

デジタルアーツ株式会社(以下「当社」といいます)は、下記のプライバシーポリシーに基づき、DigitalArts@Cloud(以下「本クラウドサービス」といいます。)に係るお客様及びユーザーの個人情報等を取り扱います。本プライバシーポリシーに定めのない事項は、当社が定めるプライバシーポリシー(https://www.daj.jp/privacy/。以下「コーポレートプライバシーポリシー」といいます)が適用されますが、本クラウドサービスの利用に関してコーポレートプライバシーポリシーの内容と本プライバシーポリシーが矛盾・抵触するときは、本プライバシーポリシーの内容が優先して適用されます。本プライバシーポリシーで特に定めのない用語は、本クラウドサービスに係るそれぞれの利用規約の定めるところに従います。

1. 関係法令・ガイドライン等の遵守
当社では、個人情報保護法その他の関係法令、個人情報保護委員会の定めるガイドライン等及び本プライバシーポリシーを遵守し、個人情報を適法かつ適正に取り扱います。

2. 個人情報の取得
当社は、利用者の個人情報を適法かつ適正な手段により取得します。

3. 当社がお預かりする個人情報等
当社が、本クラウドサービスを通じてお客様及びユーザーに関して取得する情報には次の情報が含まれます。

a. ご利用の窓口・管理者となる方の属性情報 氏名、電話番号、メールアドレス等
b. 統合管理画面を通じて取得する情報 管理者及び各お客様のユーザーのメールアドレス等
c. ユーザーによる本クラウドサービス利用のために必要なユーザーの情報 氏名、メールアドレス、パスワード、最終ログイン日等
d. その他随時ご提示いただく情報 お問い合わせの内容、アンケートのご回答等
e. i-FILTER@Cloudのご利用によって当社が管理・蓄積する情報 各ユーザーのIPアドレス、各ユーザーがアクセスしたURL及び送信したPOST内容、Cookie等
f. m-FILTER@Cloudのご利用によって当社が管理・蓄積する情報 各ユーザーが送受信したメールのメールアドレス及び送受信したメール(添付ファイルを含む)等
g. FinalCode@Cloudのご利用によって当社が管理・蓄積する情報 各ユーザーのIPアドレス、各ユーザーのメールアドレス、本サービスによって暗号化されたファイル(以下「FCLファイル」といいます)の名前、FCLファイルに対する操作内容及びCookie等
(Brower View/Box連携オプション利用時のみ)本サービスによって暗号化及び復号されたファイル
h. Desk@Cloudのご利用によって当社が管理・蓄積する情報 各ユーザーのIPアドレス、各ユーザーのメールアドレス、テキストチャットの文字情報、添付ファイル、送信した画像・動画等、Cookie等

4. 個人情報等の利用目的
当社が利用する個人情報等の利用目的は下記のとおりとします。ただし、前項のe乃至hに関しては、FinalCode@Cloud及びDesk@Cloudにおいて企業・団体外ユーザーから取得する場合を除いて、お客様がユーザーから取得した情報を、本クラウドサービスを通じて取扱いの委託を受けるのであって、当社が本クラウドサービスの提供目的以外に独自の目的をもって利用するものではありません。
(1) お客様及びユーザーへの本クラウドサービスの提供(サポートを含む)
(2) 当社が取り扱う各種製品・サービスに関する案内
(3) 当社が主催・共催・協賛・出展するセミナー・展示会等に関する案内、申込みの確認、又は入場券等の送付
(4) 当社が行う顧客満足度調査等のアンケートの依頼
(5) 当社が、お客様又はユーザー個人を特定できない形で個人情報等を統計的に処理した情報を集約し分析する等して、調査結果としてまとめたものの公表
(6) 当社がお客様又はユーザーに対して行う業務上の連絡
(7) 当社がお客様又はユーザーとの契約を履行する上で必要となる事項(各種サービスへの登録の確認等)
(8) 当社が行う各種製品・サービスの請求、支払とその確認等
(9) 問合せ又は依頼等への対応、請求のあった資料等の送付
(10) 当社が行うマーケティング分析
(11) 個人情報に関する当社の社内諸規程及びコンプライアンス・プログラムに準拠した秘密保持契約等の契約を締結し、利用目的を精査・確認した上での当社のグループ会社及び委託先への個人情報の提供
(12) その他事前に通知し又は公表した目的
(13) 契約上の当社の責任を果たすため
(14) より良い製品・サービスを開発するため
(15) 有用な情報をお届けするため
(16) 本システムの基盤となっている第三者のサービスにおける通信量・容量を適切に保つため
(17) 標的型攻撃対策という本サービスの機能精度を向上させるため
(注1)「当社のグループ会社」とは、上記利用目的が遂行される時点で、当社が総株主の議決権の過半数を所有する又は所有される会社をいいます。
(注2)個人情報の提供は全てお客様又はユーザーからの任意となっております。ただし、当社が依頼する個人情報を提供がない場合は、問合せ又は依頼等への対応、資料等の送付、並びにサービスの提供等ができない場合があります。

5. 共同利用
当社は、当社のグループ会社の販売促進活動、又は当社のグループ会社が取り扱う各種製品・サービスの提供及び販売促進活動の充実を目的として、前項の個人情報並びに本サービス、対象プログラム、試用版等又は本システムの利用状況又は契約状況に関する各種情報(シリアルナンバー等)を、当社のグループ会社との間で共同利用することがあります。当社のグループ会社等への個人データの提供に際しては、個人情報に関する当社の社内諸規程及びコンプライアンス・プログラムに準拠した秘密保持契約等の契約を締結し、適切な監督を行うものとし、共同利用される個人情報の管理は、当社が責任を負います。当社のグループ会社への提供を停止することを希望するお客様又はユーザーは下記個人情報に関するお問合せ窓口まで連絡するものとします。

6. 個人データの委託
当社は、業務を円滑に進めお客様又はユーザーにより良いサービスを提供するため、お客様又はユーザーの個人データの取扱いを協力会社に委託する場合があります。ただし、委託する個人データは、委託する業務を遂行するのに必要最小限の情報に限定します。

7. 個人データの第三者提供
当社は、事前の同意がある場合又は法令で認められている場合を除き、個人データを第三者(前項の委託先を除きます)に提供いたしません。

8. 個人データの管理
(1) データ内容の正確性の確保
当社は、お客様及びユーザーの個人データにつき、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容に保つとともに、利用する必要がなくなったときは当該個人データを消去するよう努めます。
(2) 安全管理措置
当社は、お客様及びユーザーの個人データの漏えい、滅失又は毀損の防止その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
(3) 従業者の監督
当社は、お客様及びユーザーの個人データを従業者に取り扱わせるに当たっては、個人情報の適正な取扱いを周知徹底するとともに適正な教育を行い、必要かつ適切な監督を行います。
(4) 委託先の監督
当社は、お客様及びユーザーの個人データの取扱いを委託する場合には、委託先には適切な安全管理措置を講じている協力会社を選定し、委託先に対し必要かつ適切な監督を行います。

9. 保有個人データの開示等に関して
当社は、お客様又はユーザー本人からの保有個人データ(上記3.項のe乃至hは含みません。以下同じ)の開示、訂正、追加又は削除(以下訂正、追加又は削除を合わせて「訂正等」という)、利用停止又は削除(以下合わせて「利用停止等」という)の請求に対して、以下により適切に対応いたします。
(1) 当社は、お客様又はユーザーから保有個人データの開示請求を受けたときは、当社業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合その法令に定める場合を除き、お客様又はユーザーに対して当該保有個人データの開示を行います。
(2) 当社は、お客様又はユーザーから保有個人データの内容が事実でないと訂正等の請求を受けた場合には、利用目的の達成に必要な範囲内において必要な調査を行い、その結果に基づき、当該保有個人データの内容の訂正等を行います。ただし、訂正等を行うことによって、提供することが困難になる、若しくはできなくなる製品やサービスが発生する場合があります。
(3) 当社は、お客様又はユーザーから、保有個人データが利用目的の制限に違反して取り扱われている、又は要配慮個人情報等が不正の手段により取得され若しくは法令に違反して第三者に提供されていたものであるという理由によって当該保有個人データの利用停止等の請求を受けた場合であって、その請求に理由があると判明したときは、違反を是正するために必要な限度で当該保有個人データの利用停止等を行い、又は第三者への提供を停止します。ただし、利用停止等を行うことが困難な場合であって、お客様又はユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置を講じたときは、当該措置をもって利用停止に替えることとします。

10. 開示等のご請求及びお問合せ先
お客様又はユーザーは、上記3.項に記載した保有個人データの開示等の請求を行う場合は、当社の定める手続に従うものとします。お客様又はユーザーは、当社における個人情報等保護に関して質問等がある場合には、下記個人情報等に関するお問合せ窓口に対して問合せを行うものとします。

個人情報等に関するお問合せ窓口 E-Mail: privacy@daj.co.jp

11. プライバシーポリシーの改定について
当社は、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直し、必要に応じて変更することがあります。その場合、改定版の公表の日から変更後のプライバシーポリシーが適用されることになります。

以上